MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
白金よこ山(寿司/白金高輪)|つまみと握りを良心価格のコース仕立てで愉しむ

白金よこ山(寿司/白金高輪)|つまみと握りを良心価格のコース仕立てで愉しむ

おまかせの握りコースは先付からはじまり、揚げ物、お造り……と信じられない充実ぶり。夏は鱧、冬は白子といった旬の小鍋も登場し、京料理出身の店主ならではの繊細な献立がクライマックスの握りへといざなってくれる。

白金よこ山(最寄駅:白金高輪駅)

ネタは天然物で、粒がしっかりして甘みのあるコシヒカリを使うシャリは風味付けに赤酢を加えたやさしい旨み。仕入れ、仕込み、調理まですべて店主ひとりでこなす誠実な味わいに、幸福感がじわりと染みる。

おまかせ「たしなみ」 握り7貫
5400円

(穴子、ウニ、白イカ、ホタテ、ボタンエビ、〆サバ、金目鯛)※仕入れによってネタに変動あり
〆に供される握りは7貫。勝浦の金目鯛や対馬の穴子などその日築地で仕入れたネタを使う。シャリは若干甘めに仕上げている。最後に赤出汁も付く

イワシ
324円

小ぶりで脂がたっぷり乗った大阪湾のイワシ。身がギュッと締まって旨みが濃厚だ

「たしなみ」のおつまみ先付(自家製胡麻豆腐)揚げ物(カボチャとカサゴの天ぷら)カツオたたき
 

本葛と白ゴマで作るゴマ豆腐など京料理店で修業した店主が作るつまみはどれも秀逸

「たしなみ」のおつまみお造り(マグロ、真ダイ、真ダコ)酢の物(もって菊とズワイガニ)小鍋(甘鯛と小カブ)
 

カツオダシで作る小鍋はつまみの名物。季節で食材が変わる

お店からの一言

店主 横山拓生さん

「基本はコースで、季節感のある味わいを心掛けています」

白金よこ山

[住所]東京都港区白金3-9-6 清園ビル1階 [TEL]03-5422-6074 [営業時間]11時半~13時半、18時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]19席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料540円別 [交通アクセス]地下鉄三田線ほか白金高輪駅4番出口から徒歩6分

電話番号 03-5422-6074
2017年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
銀座の老舗『新富寿し』で22年間修業した三橋さんが今年7月30日にオープンさせた店。まだ2ヵ月余りだが、伝統を受け継ぐ本格江戸前鮨の旨さと店主の気さくな人柄の良さで、口コミで人気が広がっている。
大手チェーン『元気寿司』が母体の回転寿司ブランド。高速レーンで寿司を届ける“回らない回転寿司”システムを使う。
本マグロの人気部位オールスターが丼に勢ぞろいとは何たる贅沢か。いわゆる有名産地に固執せず、高級店に負けない品質を確実に仕入れるのが店主の金里さんの信条だ。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt