SNSで最新情報をチェック

缶の上面がフルオープンして、自然に発泡する世界初の商品として「スーパードライ 生ジョッキ缶」が大ヒット中のアサヒビールが、また「世界初」の商品をリリースする。それが2024年6月11日に地域・数量限定で発売される『未来のレモンサワー』だ。こちらを試飲する機会を得たので、レポートしよう!!

本物のレモンスライスが入った世界初の缶チューハイ

アサヒビールは、フルオープン缶を採用した『未来のレモンサワー』を2024年6月11日に発売する

「スーパードライ 生ジョッキ缶」の登場は新鮮な驚きだった。缶ビールで泡を楽しむには、うまくグラスに注いだりアタッチメントで泡を発生させる必要があったが、なんと蓋を開けるだけでみるみる泡が発生したからだ。

しかも「世界初」のフルオープン缶の採用で、缶がそのまま容器へ早変わりする。缶上面が大きな蓋になっており、開けることで大きな飲み口が現れる。生ジョッキ缶の泡が盛り上がっていくのを見るのは楽しく、ビジュアル的にもインパクトがあった。そして泡の味わいもとてもよかったのだ。

そんなフルオープン缶を使った新製品が2024年6月11日に発売される『未来のレモンサワー』だ。今回はアサヒビール発表会にて先行して試飲する機会を得たのだが、商品の缶を見た瞬間に大きく興味をひかれた。

上面の大きな蓋と印刷されたレモンスライスが浮遊するさまが、「これ絶対うまいやつ!!」と直感的に思わせてくれるビジュアルだったからだ。

ラインナップは 「オリジナルレモンサワー」と「プレーンレモンサワー」の2種類

『未来のレモンサワー』は「オリジナルレモンサワー」と「プレーンレモンサワー」の2種類をラインナップ。缶デザインはそれぞれ2種類ある

レモンの味わいや香りが五感で体験できるという『未来のレモンサワー』は、フルオープン缶を活用したこれまでになかった商品だ。缶を開けるとレモンスライスが浮き上がり、レモンの香りを直接缶から楽しむことができる。また本物のレモンなので取り出して食べることもでき、レモンの形に個体差があるのが特徴だ。

レモン由来の果実味たっぷりな風味と適度な酸味と苦みが調和した味わいが特長の「オリジナルレモンサワー」と、サワー液に糖・香料不使用とすることでレモンの自然なおいしさが味わえる「プレーンレモンサワー」(※糖でコーティングしたレモンスライス採用のため、製品にはわずかに糖分が含まれる)の2商品がラインナップされる。

缶の絵柄はそれぞれ2種類用意され、表裏合わせて合計8パターンのレモンが浮遊する絵柄が描かれる。これによって「均一ではない個性的な品質」であることをアピールしているという。

想像以上にみずみずしいレモンスライスの味わい

缶チューハイの中のレモンスライスは食べることができる。また缶によってスライスの形状は異なる点が個性的だ

早速試飲のためよく冷えた缶を開けた。レモンスライが浮き上がり、周囲にレモンの香りが広がる。そして缶に口をつけると、直接レモンの香りやみずみずしいレモンのフルーツ感が口元に広がった。「これうまいな」と思わず口に出してしまうほどのインパクトだ。

缶を傾けると常にレモンのスライスが口に近づいてくるのだが、その効果でまるで搾りたてのレモンを加えたかのような「うまさ」が常にあるのだ。途中でレモンを取り出して食べたのだが、当然ながらレモンがなくなると少しパワーダウンを感じざるを得ない。最後までレモンを残して飲むのがおすすめだ。

本物のレモンスライスを缶に加えるという世界初の取り組みは、大きな成果を上げたと感じた。今から発売日が楽しみだ。なお、生ジョッキ缶同様に缶をよく冷やして飲むことが推奨されている。冷やしたりないと多少吹き出すことがあるそうなのでご注意を。

『未来のレモンサワー』商品概要

未来のレモンサワー

未来のレモンサワーオリジナルレモンサワー:リキュール(発泡性)果汁5%
未来のレモンサワープレーンレモンサワー:スピリッツ(発泡性) 果汁3%
発売品種:缶345ml/アルコール分5%(純アルコール量:13.8g)
発売日:2024年6月11日 ※予定数量出荷次第終了
発売地域:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県
希望小売価格:298円(税込):(税別:271円)

関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 深田
おとなの週末Web編集部 深田

おとなの週末Web編集部 深田

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…