MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮨彦(寿司/板橋)|ネタの良さが一目瞭然!リーズナブルな寿司で癒される

鮨彦(寿司/板橋)|ネタの良さが一目瞭然!リーズナブルな寿司で癒される

鮨彦(すしひこ)のご主人いわく「リーズナブルな値段で、その日の美味しい魚で癒されてもらいたい」。そのために毎日築地に足を運び、自分の目で確かめるのはもちろん、カツオは自分でおろし、ウニも必ず試食してダメなら買わない。

perm_media 《画像ギャラリー》鮨彦(寿司/板橋)|ネタの良さが一目瞭然!リーズナブルな寿司で癒されるの画像をチェック! navigate_next

鮨彦(最寄駅:板橋駅)

主人が厳選したその日の市場の一番が楽しみにして旨し!
仕入先との長年の付き合いのなせる技だが、それゆえイキのいい魚はどれも勢いがあって旨し。こだわりの天然ミナミマグロもぜひおすすめしたい。なんとも甘い脂が口の中でとろけ、小ぶりにキュッと握られたシャリがほろっとほどける旨さは格別だ。季節季節、仕事がされた自家製の一品料理もまたいい。明るいご主人との会話も楽しく、長年通う客が多いというのも頷ける。

店主こだわり(11貫)
3780円

(中トロ(2貫)、白イカ、金目鯛、アジ、車エビ、玉子、赤貝、小肌、鉄火巻き、イクラ)
初めてならサービス満点のこちらをぜひ。ネタのよさも一目瞭然

自家製塩辛、自家製いくら、オリジナル太巻き
648円、1080円、2160円

すっと浅めの塩辛やイクラは品よく、酒が進む。穴子や車エビも入った豪華な太巻きはお土産にも人気

お刺身盛り合わせ
2160円 

その日の魚をお刺身で(写真は白イカ、中トロ、小肌、赤貝)

穴子
432円

長崎・対馬の穴子はふっくらして口の中でとろける。くどくないタレがまたよし

お店からの一言

店主 渡部明彦さん

「アットホームな雰囲気でやっています」

鮨彦

[住所]東京都北区滝野川7-15-3 1階 [TEL]03-3916-5117 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半(日・祝~22時)※ランチタイム有 [休日]木 [席]11席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し代300円別 [交通アクセス]JR埼京線板橋駅東口から徒歩4分

電話番号 03-3916-5117
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
太巻き、細巻き、軍艦。まさに寿司の名脇役といえる海苔だが、大森が“海苔養殖の発祥地”だったことは意外に知られていない。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル