SNSで最新情報をチェック

PB商品を“お客さまと一緒に創り上げるピープルブランド”とし、多彩な展開を行っている『ドン・キホーテ』。ドンキ好きであるライターが「ドン・キホーテ PB商品体感展示会」にお邪魔し、気になったもの、実食&体験したものをお伝えします。オリジナリティあふれるドンキのPB商品、好きになるものがきっと見つかるはず。

気になるPB商品を試せる返品対応あり

店頭で気になっていたものを試すチャンスに恵まれた、PB商品体験展示会。

前編でも触れた通り、とにかく試してほしいという思いから、購入日より30日以内であれば、開封·使用済みでも返品が可能という、『ドン·キホーテ』(以下、ドンキ)のPB商品。それは商品に自信がある証拠だろうし、返品された場合、その理由を探るのだろう。

こちらも前編でご紹介した「偏愛めし」の丼やおにぎり、惣菜類は、配送エリアの関係で残念ながら全国のドンキ全店で展開できるわけではない。国内619店舗のうち、買えるのは基本的に関東·関西·中部·北陸·中国·四国地方を中心とした326店(福島県の『MEGAドン·キホーテ ラパークいわき店』は購入可)。

しかしこの後編で触れる商品は、世界を含めた全728店舗で恐らく購入できるであろう商品たちだ。

缶詰&調味料 イチオシはコレ!

今回、味を知ることができてうれしかったものに「贅沢なツナ缶」(3缶入り·862円)がある。恥ずかしながら、手に取っては価格を確認し棚に戻して、を何度か繰り返していたのだ。

天然のメバチマグロを缶の大きさに合わせてカットしているので、缶の中身はごろっと大きな塊のまま入った、その名の通り贅沢なツナ缶だ。

メバチマグロなので身質はさっぱりしつつも、肉厚なのでまるでお肉を食べているような気持ちになった。

そのままでもおいしいが、我が家ではバーナーで軽く炙って、黒コショウを振って食べてみた。これだけ大きいからこそ食べ応えもあるし、おつまみとしてとてもおいしく頂戴した。

フレークタイプでは味わえない満足感があるツナ缶は、お値段も張るが贅沢気分を味わいたいときにもおすすめだ。

「贅沢なツナ缶」の中身。マグロが大きいまま入っている
「贅沢なツナ缶」の中身。マグロが大きいまま入っている

かなり売れていると評判の「かける紅生姜」(538円)。甘酸っぱい調味液の中に刻んだ紅生姜や玉ネギなどが入っているのだが、爽やかな風味が楽しめて味付けが絶妙なのだ。

素材の味も生かしつつ、紅生姜の味もするけれど主張が強すぎないところがいい。牛丼や焼きそばなど紅生姜が活躍する食べ物は当然ながら、揚げ物やシュウマイなどなんでもござれ。実はこちら、我が家で流行中の調味料。個人的には鍋の〆の雑炊にかけるのも好きなのだが、まだまだ使い方を模索中だ。

紅生姜を手軽に使えるところも魅力の「かける紅生姜」
紅生姜を手軽に使えるところも魅力の「かける紅生姜」

パッケージに「紅生姜の果てなき挑戦」と書かれているのが興味深い。

なお、ドンキPBはパッケージの情報量(文字数)が多い。読めば実際にどんな商品なのかわかるし、担当者の思いがあふれまくっている。圧を感じるほどだが、そんなところもぜひ注目してみてほしい。

この「かける紅生姜」は、ドンキのPB商品を豊富に揃える東京·渋谷の『ドミセ』で、1日に100個以上売れたこともあるという「紅生姜せん」(322円)が商品開発のベースなんだそう。

「紅生姜せん」は未食なので、今度行ったら買ってみよう。

「紅生姜せん」は『ドミセ』で売上No.1になった月もある
「紅生姜せん」は『ドミセ』で売上No.1になった月もある
次のページ
充実したラインナップを誇る冷食...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

市村 幸妙
市村 幸妙

市村 幸妙

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…