SNSで最新情報をチェック

近年街のいたるところで見かける“家系ラーメン”。海苔、チャーシュー、ほうれん草がのった豚骨醤油ラーメンは、濃厚ゆえ手がのびない人もいるでしょう。しかし、最近洗練されたものが登場しています。そんな“おとなの家系”をご紹介します。

『こいけのいえけい』 @巣鴨

おとな世代も納得!家系小池スタイルは品良く軽やかな旨さ

湯気の立つスープを口へ運べば、すっと舌に溶け込むような、そのなめらかさに目を見張った。こちらは淡麗系煮干しで人気の『らぁめん小池』が不定期に出していた限定の味を引っさげ立ち上げた新ブランドだ。

豚骨醤油ラーメン(並) 850円(味玉+110円)

『こいけのいえけい』豚骨醤油ラーメン(並) 850円(味玉+110円) 食感良く茹でた小松菜に低温調理の薄切りチャーシュー、アクセントの玉ねぎとトッピングも見事!

豚のゲンコツや背ガラ、鶏ガラを4日間炊いて寝かせたスープに、同系列の『キング製麺』で作るあえて切り口を粗くした麺がしっかりと絡み合う。“家系”からイメージする味の濃さやワイルド感は残しつつも品良くまとめ上げた1杯だ。「麺少なめ+半ネギチャーご飯」(1000円)のセットは我々おとな世代にもありがたい。

【ココがおとな!】丹念な“濾し”で生まれるなめらかさ

『こいけのいえけい』丹念な“濾し”で生まれるなめらかさ

スープのなめらかな舌あたりの秘訣、それは仕上げの“濾し”にあり!できあがったスープは目の細かいザルに通しザラつきの元となる細かなガラも徹底的に排除。このひと手間が味わいに大きな違いを生んでいる。

『こいけのいえけい』

[住所]東京都文京区千石4-25-6 夏野マンション102
[電話]非公開
[営業時間]11時〜15時、17時半〜21時
[休日]不定休
[交通]JR山手線ほか巣鴨駅南口から徒歩6分

『家系ラーメン 革新家 TOKYO』 @東京駅

厳選食材で作る やさしく、穏やかな革新的な家系

ヴィーガンやグルテンフリーなど業界に新風を巻き起こす『ソラノイロ』が今度は「家系ラーメンに革新を起こす!」をテーマに東京駅に出店した。

ふわりと豚骨の香り漂うスープは、家系らしい力強さはありつつも、熊本産の天草大王をはじめとした国産鶏ガラの軽やかさも加わったやさしい味わい

革新家スペシャル 1380円

『家系ラーメン 革新家 TOKYO』革新家スペシャル 1380円 調理法と部位の異なる国産豚チャーシューが3種と味玉がのる

「春よ恋」、「ゆめちから」と2種類の小麦粉をブレンドした平打ち麺をすすればプリッとした弾力から、おだやかな甘みが返ってきた。燻香をまとったチャーシューに歯触りのよい江戸菜など名脇役がその完成度をさらに高めている

【ココがおとな!】アオサ入りの高級海苔 その存在感は主役級!?

『家系ラーメン 革新家 TOKYO』アオサ入りの高級海苔 その存在感は主役級!?

スープに浸して麺やご飯を巻いて食す海苔は家系になくてはならないトッピングだ。こちらはしっかりと厚みもあるアオサ入りをチョイス。磯の風味も満点で、スープにも麺にも負けない存在感を放っている!

『家系ラーメン 革新家 TOKYO』

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階
[電話]03-3214-0181
[営業時間]10時半〜23時(22時半LO)
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央口改札から徒歩1分

次のページ
『銀座 嚆矢(こうし)』 @銀座...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…