SNSで最新情報をチェック

コロナ禍を経て、ますます増えているラーメン店。群雄割拠といえる中、東京を中心に約1年間で開店したお店を調査。「今食べるべき」醤油ラーメンのあるお店5軒をご紹介します。近所の店へ行くもよし、遠征するもよし。気になる店へおでかけください!

『there is ramen』 @荻窪 ’22年10月OPEN!

見た目の期待を裏切らない幸せあふれる一杯

なみなみと張られた琥珀色のスープ、丼を覆い尽くす脂きらめく大量のチャーシュー。このビジュアルに、そそられない人なんている?煮干しを強めに効かせたスープは、湯気からもその存在がわかるほどで、息を吸い込むだけでおいしさが伝わってくる。

チャーシュー麺 1200円

『there is ramen』チャーシュー麺 1200円 注文の7割を占める、1番人気メニュー。厚めに切られたチャーシューはバラがメインで、肩ロースも1~2枚のる

と思いきや、ファーストアタックに鶏がガツンと奇襲。親鶏由来の濃厚な鶏油を多めに合わせることで、無化調のスープにパンチを加えているのだそう。それを下で支えているのが豚のゲンコツ。すぐさまそこに煮干しが加勢し、深い余韻となってしんがりまで務め上げる。

途中、ずどんずどんと悦びの大砲を打ち込むのは、総量100gにも上る柔らかなチャーシューの大軍。口の中で広がる肉の旨みと脂の甘み、何より食べても食べてもチャーシューが減らない感動といったら!最後の最後までテンションを上げ続けてくれる至福の一杯。幸せここに極まれり。

『there is ramen』

[住所]東京都杉並区天沼3-10-16
[電話]非公開
[営業時間]11時~16時、18時~21時半
[休日]無休
[交通]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩5分

『自家製麺 うるち』 @田原町 ’23年9月OPEN

麺は極太平打ち スープの味わいもストロング!

名門『地雷源グループ』や老舗『春木屋』など、数々の名店で腕を磨いた店主が満を持して暖簾をあげた。繰り出すのは、煮干しが香る中華そば。昔ながらの作り方を踏襲しながらも、丁寧な仕込みに心を砕き、ネオクラシックな一杯に仕立てている。

ひと口目は、鮮烈な煮干しの香りが先行。後から追いかける魚介の風味をフルボディの動物スープが下支えする

東京醤油ラーメン 850円+味玉 120円

『自家製麺 うるち』東京醤油ラーメン 850円+味玉 120円 デフォルトでもチャーシューが3~4枚のるとはうれしい限り

タレには木桶で2~3年熟成させる小豆島の濃口醤油を使い、重厚なスープと張り合える力強さを持たせた。

トラディショナルな中細麺ではなく、平打ちの極太麺を合わせているところも面白い。つるつる感と歯切れのよさ、風味豊かな小麦の味をあわせ持つハイブリッド麺のおいしさが、満足度とネオ感をぐいと引き上げている。

『自家製麺 うるち』

[住所]東京都台東区寿2-9-16
[電話]03-5830-6556
[営業時間]11時半~14時半LO、18時~20時半LO
[休日]火
[交通]地下鉄銀座線田原町駅A1出口から徒歩1分

『喜多方ラーメン 新じま』 @三ノ輪 ’23年7月OPEN

均整のとれた旨さが染み渡る喜多方ラーメン

あぁ、ほっとする――。スープが体にじんわり染み渡るのを感じながら、思わず天を仰いだ。

店名に掲げる通り、こちらは喜多方ラーメンを供する。店主・新島さんのお母さんが喜多方出身。約10年間数々の店を渡り歩き、独立する際、選んだのが幼少期から親しんだ味だった。

醤油ラーメン 820円

『喜多方ラーメン 新じま』醤油ラーメン 820円 各素材から出る旨みをバランスよくまとめる。カエシは2種の醤油をブレンド

豚骨をベースに鶏ガラを加えて旨みを補強。そこに複数の煮干しに昆布を加えたスープは、冒頭で書いたほっとする旨さだ。

それを持ち上げる麺は、地元で有名な曽我製麺製。ちぢれがあって絡みがよく、スルスルっとのどを伝う。

カエシに節類や昆布が使われているから全体にダシ感があり、心地いい余韻を残す。子連れのお客さんも多いというのも納得のやさしい味。こういう店が長く愛されるのだろう。

『喜多方ラーメン 新じま』

[住所]東京都台東区三ノ輪1-8-5 T&Mビル1階
[電話]非公開
[営業時間]10時〜14時、18時〜20時半(月・水・金のみ)※材料なくなり次第終了
[休日]不定休
[交通]地下鉄日比谷線三ノ輪駅1b出口から徒歩3分

次のページ
『麺庵 利休』 @本郷三丁目 ’23年10月OPEN...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…