SNSで最新情報をチェック

物価高騰に負けじと、小売り各社で拡充方向にあるPB商品。そんな中でひときわトンがった商品展開をしているのが『ドン・キホーテ』です。わたくしライター・市村はドンキのまぁまぁのヘビーユーザー。そんな私でも目を見張るようなアイテムが目白押しの「ドン・キホーテ PB商品体感展示会」にお邪魔しました。気になったもの、実食したものでおすすめをお伝えします。

30日以内なら使用済みでも返品可に感じる本気度

『ドン·キホーテ』(以下、ドンキ)のPBブランドは、 “ド”のマークがデカデカと入っている「情熱価格」をご存知の方も多いと思う。その他、スポーツブランドの「アクティブギア」カジュアルファッションブランド「レストレーション」アウトドアブランド「グリーンステージ」コスメブランド「コスパレード」女性向けブランド「ミーアンドドゥ」など、食品をはじめ、雑貨類や美容関係、衣料品、家電、インテリアなど、多種多様なラインナップを誇る。

実はこの「PB」、ドンキではプライベートブランドではなく、 “お客さまと一緒に創り上げるピープルブランド”をコンセプトとしている。

なお豆知識だが、このデッカい“ド(情熱価格)”というPBのマーク、ロゴやコンセプトなどを含めて、2022年度の「グッドデザイン賞」を受賞しているのだとか。知らなんだ。

「情熱価格」のロゴ。見覚えがある方も多いのではないだろうか
「情熱価格」のロゴ。見覚えがある方も多いのではないだろうか

かねてより、ユーザーインタビューなどを実施し、PB商品の改良に励んでいるドンキ。その本気度を示すように現在は「マジボイス実行委員会」を立ち上げて、アプリを通じてお客さんからの声を積極的に取り入れている。

例えば、「3枚マルチグリル鍋」(8778円)は「焦げつく」、「くっつく」など、フッ素加工の弱さを指摘に指摘され、従来品の2倍のフッ素コーティングを施し、焦げつきにくく改良された。

3種のプレートがついている「3枚マルチグリル鍋」(8778円)
3種のプレートがついている「3枚マルチグリル鍋」(8778円)

実はノートPCも展開しているドンキ。コスパを追求し32780円で出していた旧製品は、コロナ禍にテレワークへ移行した際、社用PCとして使用したら社内からのダメ出しがいちばん多かったのだそう。

2023年12月に出た新製品「MUGAストイックPC5」(43780円)は、CPUが各所から性能を絶賛されている、Intel N100。メモリは倍の8Gに、ストレージは64GBから256GBへと大幅に性能がアップ。プラス1万円でかなり快適になった。というか、この価格で使えるPCが購入できることに驚いてしまった。

「MUGAストイックPC5」(43780円)。開発担当者の意地が感じられるスペックとなった
「MUGAストイックPC5」(43780円)。開発担当者の意地が感じられるスペックとなった

とにかく試してほしいとの思いから、オリジナルブランドの商品は購入日から30日以内であれば、開封済み·使用済みでも返品可能だ。

みなさんも気になるものがあれば、ドンドン試してみてほしい。

【次ページに続く】

icon-gallery
次のページ
進化を続ける、ドンキの「偏愛めし」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

市村 幸妙
市村 幸妙

市村 幸妙

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…