MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
一流コンサルティング会社の秘書が厳選 『接待で使う銀座の名店100』発売中!

一流コンサルティング会社の秘書が厳選 『接待で使う銀座の名店100』発売中!

 グルメサイトやガイドブックなどではなかなか判断できない、お客様を接待して「満足度が高いのかどうか?」について、さまざまなジャンルやカテゴリーのゲストをもてなしてきた経験をもとに、銀座の名店を厳選し、紹介する本が登場した。

一流コンサルティング会社の秘書が厳選 『接待で使う銀座の名店100』発売中!

グルメサイトやガイドブックなどではなかなか判断できない、お客様を接待して「満足度が高いのかどうか?」についてまとめた本が登場した。

著者は、銀座にオフィスを構えるコンサルティング会社の株式会社ビー・アンド・イー・ディレクションズの秘書室。

秘書として、さまざまなジャンルやカテゴリーのゲストをもてなしてきた経験をもとに、銀座の名店を厳選。

会食の手配を代行する秘書という立場・目線から、役職別・金額別に「使えるお店」「便利なお店」「美味しいお店」を紹介している。

大切なゲストをおもてなしして、満足させる料理やお酒がそろっているか? 

雰囲気は? 個室は? ……と、秘書目線ならではのお店選びのポイント満載の、とても役に立つ1冊。

和食、鮨、肉料理、イタリアン、フレンチ、中華、うなぎ・フグ・蟹など様々な食カテゴリーをフォロー。



もちろん、お店選び・予約のコツ、知っておきたい食材の旬、ゲストへの気配りなど「接待の豆知識」も充実。

顧客の接待だけでなく、上司と部下、社内コミュニケーション、そして大切な人を連れていくのにおすすめの店も多いので、ぜひ読んでみてほしい。


一流コンサルティング会社の秘書が厳選
『接待で使う銀座の名店100』

著者:ピー&イーディレクションズ秘書部
発行・発売/講談社ビーシー・講談社
定価:1600円(税別)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
酒でおなじみのチョーヤが、鎌倉に『梅体験専門店「蝶矢」』を6月11日オープン。 梅酒または梅シロップ作りが体験できるという。それは面白そう! ということで、編集部の戎(えびす)が実際に体験。結論から言う。すごく楽しかった!
飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録している飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクト「さきめしSupported by SUNTORY」。 その考えに賛同した、おとなの週末編集部がサービスを利用。購入した「さきめしチケット」をお店で使用した。
439views F&D 最新情報
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請で、多大なるダメージを受けた飲食店の方々を応援したい……と、JTは、くるなびの「つなぐ食」に参画。そして、Rettyとの共同プロジェクト「サポ食」をスタートした。これらの取り組みに対して総額約1.2億円を拠出。継続的な飲食的支援を実施するという。どのような取り組みなのか、その概要を紹介しよう。
531views F&D 最新情報
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
845views F&D 最新情報
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
1245views F&D 最新情報
長らく白飯至上主義のおっさん女子であったが、最近、食パンに対する愛もちょっと芽生えてきた……。 はい、結論から先に言いましょう。練り込み系食パンは、『Cベーカリー』で買うべし! 吉祥寺東急デパートの通称デパサンにあるパン屋さんです。
大人気のサバ缶「No.38」。 「最高のサバ缶」を作るために、缶を開けたときのビジュアルにまでこだわり、高級感あふれるスタイリッシュなデザインのパッケージに身を包んだサバ缶は、1200円という価格にも関わらず、全国から注文が殺到!  サバ缶の初回生産分は、1ヵ月半で完売したという……。
スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt