×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

カラリと香ばしく揚げられ、断面からは脂が滲み出している。その姿を見るだけで、「ごちそうだ」と思わせるメニューのひとつがとんかつだ。手間ひまをかけ、アイデアを凝らし、リーズナブルに楽しめる普段使いながらご馳走感極まる、珠玉の町のとんかつ=町かつを紹介します!

ほどよい旨みと脂っこさゼロのバランスに脱帽『とんかつ さくたろう』@馬喰横山

「毎日食べられるとんかつです」と、代表取締役の多田さん。この店を代表する「らっきーとーん」のロースかつはやさしい旨みがじわじわ広がり、どちらかというとあっさり。衣もカラリとした軽やかな食べ心地は、「こんなとんかつを求めていた!」と感動さえ覚えるようなちょうどいいおいしさなのだ。

しかもランチで1100円!この価格で出せるのは本業が肉の卸で、らっきーとーんは自社ブランドだから。

らっきーとーんロースカツ定食150g 1100円

『とんかつ さくたろう』らっきーとーんロースカツ定食150g 1100円 脂身が少なめの淡いピンクが美しい

脂の旨みをもっと味わいたいという人は、もうひとつの銘柄豚「紫峰ポーク」をどうぞ。特にヒレかつは噛むたびに肉汁が溢れ出て、一度食べたらこれ一択という常連客も多いとか。2種類をその気分で選べるのも楽しい。

高級とんかつもいいけれど、こういう店こそもっと増えてほしい。

『とんかつ さくたろう』

[住所]東京都中央区日本橋久松町10-10 丸亀久松ビル1階
[電話]03-6661-0108
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~21時(20時半LO)、土・日・祝11時〜19時半(19時LO)
[休日]不定休
[交通]都営新宿線馬喰横山駅A3出口から徒歩4分

フレンチシェフならではの繊細な工夫がぎっしり『とんかつ そら~空~』@荻窪

フランス料理店で働きながら、とんかつの名店を食べ歩いていたという料理長の水野昂平さん。これらの経験を活かし、揚げ方にもフレンチの手法を取り入れている。中温で揚げて休ませるという工程を3回ほど繰り返して火を入れるというとんかつは、まるで低温調理で仕上げたようにしっとり。

香り豚 ロースとんかつ膳(上)200g 2178円(ランチは1880円)

『とんかつ そら~空~』香り豚 ロースとんかつ膳(上)200g 2178円(ランチは1880円) 和辛子ソースは夜のみ。具だくさんの豚汁は、黒みりんでコクと甘みを引き出したクセになる味

水野さんが脂の甘みに惚れ込んだという「香り豚」は、まさに名前の通り甘い香りが口中を満たし、なんとも上品な味わいだ。さらにソース類も、レモンで味付けした和辛子ソース、カツオ風味のダシ醤油などほぼオリジナル。

こだわりがぎっしりなのにランチは2000円を切るリーズナブルな価格に、「大好きなとんかつを身近な存在にしたい」という水野さんの熱い思いが溢れている。

『とんかつ そら~空~』

[住所]東京都杉並区上荻1-8-8 興和ビル地下1階
[電話]03-5335-7567
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時LO)
[休日]月
[交通]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩1分

次のページ
巧妙な火入れと余熱で仕上げる軽やかさは健在『とんかつ&焼鳥 ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。4月15日発売の5月号では、銀座の奥にあり、銀…