MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

秋葉原エリアのそば屋「手打ち蕎麦切り 匠」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。理想は「噛んでしっかり甘みと香りを感じられる蕎麦」。それは思わず噛み締めたくなるようなムチムチとした弾力があり、と同時に芳醇な穀物香が鼻に抜けていく至高の味わい。[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香りの画像をチェック! navigate_next

手打ち蕎麦切り 匠(最寄駅:秋葉原駅)

噛み締めるごとにふわっと広がる十割の旨みと香り

そのため、特に食感にこだわるという。蕎麦は契約農家から仕入れる「常陸秋そば」を石臼挽きで自家製粉し、丸抜きを微粉で挽く「ざる」と、玄蕎麦を使う「田舎」の2種を十割で提供。加水や粉の温度にも細心の注意を払う店主渾身の逸品だ。さらにこの店では江戸前中心の穴子と才巻エビの天ぷらもぜひ味わってほしい。店内の生け簀から注文ごとに取り出して調理するそれはサクッとふっくら、専門店顔負けの技に惚れる。一つひとつ揚げたてを供してくれる特別感にも、うれしさがこみ上げる。

合盛り
1000円

甘みのある「ざる」と香り高い「田舎」の2色盛り。つゆのダシは自家削りの本枯節と真昆布に冬菇を加えて旨みを出す。かえしは小豆島産の2年寝かせた醤油をさらに寝かせたもの

かき蕎麦(11月のランチ限定メニュー)
1800円

三陸産生牡蠣はぽってりとした見事な大きさ

才巻海老と穴子天
1600円

活〆の穴子と才巻エビは新鮮そのもの。太白ごま油とノンシリコンのコーン油をブレンドし、薄衣でサクッと揚げる

生蕎麦2人前おつゆ付き
1800円

打ちたての蕎麦はお土産にも

出汁巻玉子
950円

温かい蕎麦に使う薄口のつゆを入れて焼く。ダシがたっぷり入っているので、箸を入れるとジュワッとしみ出るようなジューシーさがあるのがたまらなく美味しい。使用する卵は3個。蕎麦も天ぷらも、料理は店主ひとりで調理しているため、特に混雑時は注文を受けられないこともあるのでご注意を!

お店からの一言

店主 村田匠さん・敦子さんご夫妻

「今年5月に神田須田町から移転しました」

手打ち蕎麦切り 匠

[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-20-3 1階 [TEL]03-6240-9988 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~20時半(LO)※土は昼のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]18席/全席禁煙/夜は予約可(6名以上はコース注文時のみ)/夜はカード可(1万円以上・サ料別)/サなし、夜はお通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

電話番号 03-6240-9988
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル