MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

手打ち蕎麦切り 匠(そば/秋葉原)|十割そばの旨みと香り

秋葉原エリアのそば屋「手打ち蕎麦切り 匠」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。理想は「噛んでしっかり甘みと香りを感じられる蕎麦」。それは思わず噛み締めたくなるようなムチムチとした弾力があり、と同時に芳醇な穀物香が鼻に抜けていく至高の味わい。[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

手打ち蕎麦切り 匠(最寄駅:秋葉原駅)

噛み締めるごとにふわっと広がる十割の旨みと香り

そのため、特に食感にこだわるという。蕎麦は契約農家から仕入れる「常陸秋そば」を石臼挽きで自家製粉し、丸抜きを微粉で挽く「ざる」と、玄蕎麦を使う「田舎」の2種を十割で提供。加水や粉の温度にも細心の注意を払う店主渾身の逸品だ。さらにこの店では江戸前中心の穴子と才巻エビの天ぷらもぜひ味わってほしい。店内の生け簀から注文ごとに取り出して調理するそれはサクッとふっくら、専門店顔負けの技に惚れる。一つひとつ揚げたてを供してくれる特別感にも、うれしさがこみ上げる。

合盛り
1000円

甘みのある「ざる」と香り高い「田舎」の2色盛り。つゆのダシは自家削りの本枯節と真昆布に冬菇を加えて旨みを出す。かえしは小豆島産の2年寝かせた醤油をさらに寝かせたもの

かき蕎麦(11月のランチ限定メニュー)
1800円

三陸産生牡蠣はぽってりとした見事な大きさ

才巻海老と穴子天
1600円

活〆の穴子と才巻エビは新鮮そのもの。太白ごま油とノンシリコンのコーン油をブレンドし、薄衣でサクッと揚げる

生蕎麦2人前おつゆ付き
1800円

打ちたての蕎麦はお土産にも

出汁巻玉子
950円

温かい蕎麦に使う薄口のつゆを入れて焼く。ダシがたっぷり入っているので、箸を入れるとジュワッとしみ出るようなジューシーさがあるのがたまらなく美味しい。使用する卵は3個。蕎麦も天ぷらも、料理は店主ひとりで調理しているため、特に混雑時は注文を受けられないこともあるのでご注意を!

お店からの一言

店主 村田匠さん・敦子さんご夫妻

「今年5月に神田須田町から移転しました」

手打ち蕎麦切り 匠

[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-20-3 1階 [TEL]03-6240-9988 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~20時半(LO)※土は昼のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]18席/全席禁煙/夜は予約可(6名以上はコース注文時のみ)/夜はカード可(1万円以上・サ料別)/サなし、夜はお通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分

電話番号 03-6240-9988
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店頭でまず見入ってしまうのが、各地から吟味した蕎麦を挽く機械式の石臼。挽きたての蕎麦粉で打った十割蕎麦は、コシのある食感とのど越しの良さを併せ持つ。
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt