MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

早稲田エリアのそば屋「手打ち蕎麦 汐見」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦と、四季の移ろいを感じる日本料理。どちらかひとつでも手間暇かかるはずなのに、その両方を極めた店主の味をコースで満喫できるとは何ともありがたい。[交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分

perm_media 《画像ギャラリー》手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理の画像をチェック! navigate_next

手打ち蕎麦 汐見(最寄駅:早稲田駅)

こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理にリピート必至

蕎麦は滑らかなコシのある十割。そのふくよかな香り、色、粘り、味の良さに惚れ込んだ無農薬栽培の群馬産を主に使い、新蕎麦の時季にはスタッフ全員で収穫を手伝うこともあるんだそう。つゆのダシに使う本枯節も、えぐみが出ないよう血合を取り除いたものを特注。薄さ加減を考えて、毎朝店内で削りたてを使う徹底ぶりだ。料理は毎日築地で仕入れる魚の焼き物や天ぷらなど目にも美しい品々。日本料理店でも修業した店主の繊細な仕事と真摯な姿勢が、客のハートをガッチリ掴んでいる。

コース(内容は仕入れで変わる) お蕎麦(せいろ)
3500円

滑らかなのど越しの蕎麦は十割の旨みと香りが際立つ。本枯節と羅臼昆布でダシを取るつゆとの相性もいい

サービスのすり流し(聖護院カブ)

季節のすり流しは夜の客に提供

前菜

石川芋の変わり揚げなど旬の食材が並ぶ

そばがき椀(鱧と松茸添え)

ふわっと柔らかいそばがきに天草産の鱧や松茸を添えた贅沢な味わい

魚料理(鰆の柚子味噌ソース)

自家製柚子味噌が風味豊か

天ぷら盛り合わせ(天然車エビ、椎茸、秋ナス、エリンギ)

天然車エビはぷりっぷり

甘味(ピオーネの大福と紅葉の羊羹)

ピオーネが丸ごと入った大福は甘さ控えめ

十四代など人気銘柄や希少な品も揃える

出し巻き玉子
850円

焼きたてをそのままテーブルまで運び、客の目の前で豪快に皿に盛り付けてくれるパフォーマンスに驚き! ダシがたっぷりで、砂糖は加えていないので上品で優しい味わいだ。プレーンの味のほか、季節ごとに登場するバージョンも。秋は「きのこの餡かけ出し巻き玉子」1100円もあり、こちらもおすすめ。

お店からの一言

代表 汐見健さん

「生産者とのつながりを大切にしたいと思っています」

手打ち蕎麦 汐見の店舗情報

[住所]東京都新宿区早稲田鶴巻町556 松下ビル1階/[TEL]03-3202-4404 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~21時半(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水・第3火 [席]カウンター8席、テーブル席18席、計26席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分

電話番号 03-3202-4404
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル