MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
濃いめの味が飯と酒を誘う旨さ!(中華料理/大久保)※閉店

濃いめの味が飯と酒を誘う旨さ!(中華料理/大久保)※閉店

「メニューは組み合わせでいくらでもあるよ」「何でも美味しいよ」――笑顔のお母さん、斎木トシ子さんに尋ねるまでもなく、常連のお客さんがにこやかに教えてくれる。昭和41年に開業。ぎっしりと小さな店が並ぶ大久保らしい裏路地の一角で、11時から23時まで通し営業する『日の出』

酢どり400円、ナスみそ炒め600円

奥左から時計回りに、「ポテトサラダ」250円、「ピータン」350円、ウーロンハイ290円。安くて、量がすごくて、旨い。三拍子が揃う

【閉店】中華料理日の出
大久保

ぎっしりと小さな店が並ぶ大久保らしい裏路地の一角で、11時から23時まで通し営業する『日の出』は、常連客も多く、オープンな雰囲気で和気あいあい。 さくっとひとり飯もよし、キンミヤ焼酎で飲むもよし。メニューの数は優に100種類以上。さらに定食を50円引きで単品に、1品ものを丼に、とフレキシブルだ。人気料理は数あれど、ピリ辛甘味噌味の「ナス肉みそ炒め」や、なんとも柔らかで甘酢がいい感じな「酢どり」は、間違いなく鉄板。いずれもちょっと濃いめの味つけが、ビールや白飯を誘うことは言うまでもない。

にら玉
500円

つまみに、「にら玉」500円もよし

壁一面のメニューはアレンジも入れたら数知れず。目指せ、コンプリート。

【閉店】中華料理日の出
大久保

東京都新宿区百人町1-24-10 ☎03-3371-3433 [営]11時~23時 [休]日(年末休12/31~1/4) [席]テーブル32席 カード不可/予約可/禁煙席なし [交]JR中央線大久保駅南口から徒歩1分

電話番号 03-3371-3433
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt