MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
HIGASHIYA GINZA(日本茶/銀座)|”合わせ“で日本茶の新しい味を引き出す

HIGASHIYA GINZA(日本茶/銀座)|”合わせ“で日本茶の新しい味を引き出す

HIGASHIYA GINZA(ヒガシヤギンザ)は現代の暮らしに合う和菓子屋として定評のある『HIGASHIYA』のティーサロン。煎茶からあまり見かけない珍しい発酵茶まで、30種以上の多彩な日本茶を揃えるだけでなく、その楽しみ方の提案も秀逸だ。

perm_media 《画像ギャラリー》HIGASHIYA GINZA(日本茶/銀座)|”合わせ“で日本茶の新しい味を引き出すの画像をチェック! navigate_next

HIGASHIYA GINZA(最寄駅:銀座駅一丁目駅)

 例えば、生のフルーツを使った「フルーツブレンド」。晩夏は巨峰と煎茶、秋は柿と三年番茶など、季節ごとに旬の果実と日本茶を組み合わせるブレンド茶だ。果実の香りと自然の甘みが絶妙に加わり、お茶の新しい味わいを発見できる。時間を置いた二煎目で変化する甘みもまた一興だ。 さまざまな素材から作られる餡で果実や木の実などを包んだ「ひと口果子」と日本茶のペアリングの「茶果」も、試してみたい一品。華やか、爽やか、濃厚と計算された5種の日本茶の旨みのグラデーションと菓子の絶妙な組み合わせには、感嘆せずにはいられない。

HIGASHIYAフルーツブレンド「柿」
1800円

柿の甘さが香ばしい三年番茶に合う。(果物と茶葉の種類は季節ごとに変更)。「季節のお茶と和菓子セット」1900円なら5~6種類から選べる和菓子とお茶請けが付く

茶果(5種のお茶と5種のひと口果子)
4000円 ※オーダーは14時~21時(LO)、日・祝は11時~14時(LO)

右から玉露+菊、三年番茶+五穀、和紅茶、焙じ茶+巨峰、自家製焙じ茶。内容は二十四節気ごとに替わり、コース仕立てで提供される。日本茶の奥深さをしみじみ実感できる

HIGASHIYA GINZA

[住所]東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2階 [TEL]03-3538-3240(茶房)、03-3538-3230(売店) [営業時間]11時~22時(21時LO)、日・祝11時~19時(18時LO) ※売店は11時~19時 ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター4席、個室6席(要予約)、テーブル36席 計46席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし[交通アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅A7出口から徒歩2分

2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
隅田川沿いに立つビルの2・3階がカフェ。店内からは川を行き交う水上バス、アサヒビールのビルの金色のオブジェ、その向こうに東京スカイツリーと、浅草の王道の景色が見渡せ、時間を忘れてくつろいでしまう。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル