MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】asagaya 103|相性抜群の穴子とともに燗酒の魅力を発信(/阿佐ヶ谷)

【閉店】asagaya 103|相性抜群の穴子とともに燗酒の魅力を発信(/阿佐ヶ谷)

 店名の「103」は、店主の吉田さんの学生時代の部屋番号だ。5席を設け、そこで提供した燗酒が口コミで評判を呼んだのが原点だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】asagaya 103|相性抜群の穴子とともに燗酒の魅力を発信(/阿佐ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】asagaya 103(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

こちらのお酒は純米酒の燗酒と、ナチュラルなワインが中心。「若い人にその魅力を知ってもらう入口の店でありたい」という思いがある。酒蔵との交流を大切にして味だけでなく選んだという酒を、いじり過ぎず、やわらかく燗につける。そこに合わせるおすすめはこだわりの穴子だ。季節で産地を選び、調味料にもこだわっている。プリッとしたしゃぶしゃぶしかり、ふっくらの白焼きしかり、それを燗酒でやる旨さはぜひ味わってみてほしい。

穴子しゃぶしゃぶ
1980円

取材時は宮城・松島産の穴子。プリッと新鮮で味に余韻がある

竹泉2011BY+2012BY
700円(一合)

2つの年度のブレンドで、ちょっと熟成感もありながらほどよく枯れた味わい。店主曰く「いい酸もあり、穴子の脂にも負けない。バランスの取れた、飲み飽きしないお酒です」

お刺身盛り合わせ
1980円

ハタ、ヒラメ、メイチダイ。お刺身はその日の魚で1600円~

十旭日純米五百万石
700円(一合)

穴子白焼き(上)
1620円

白焼きは塩とすだちで。ふっくらこんがり、味わいが深い

共栄堂K16FY DD
840円

お店からの一言

店主 吉田亮太さん

「ほっとして食事に合う燗を目指しています」

asagaya 103

[住所]東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-26-7 [TEL]03-6265-5743 [営業時間]17時~23時(24時LO)、金・土17時~翌3時 [休日]不定休 [席]カウンタ−7席、テーブル10席 計17席/予約可/全席禁煙/カード可/サなし、お通し代520円別 [交通アクセス]JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分

電話番号 03-6265-5743
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル