SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・月島のもんじゃ焼き店『もんじゃ まぐろ家 本店』です。

豊洲直送のマグロがもんじゃの旨みを深くする

「まぐろ家」という店名通り、こちらに来たらマグロはハズせない。まずは脂がのった本マグロのカマトロ刺し身で飲み始める。舌の上でとろける甘みを堪能したら、お次はマグロの切り身入りのもんじゃだ。

鉄板の上でぐつぐつジュウジュウ、もんじゃにマグロの旨みが溶け出し、香ばしく焼けたところをヘラですくって食べればこりゃ旨い!

坂井スペシャル 1550円、まぐろもんじゃ 1050円

『もんじゃ まぐろ家 本店』(奥)坂井スペシャル 1550円 (手前)まぐろもんじゃ 1050円 ソースでしっかり味をつけた秘伝のダシ、銀座の名店「天ぷら 近藤」の天かす、そしてマグロが一体になったもんじゃは旨みが強い 

でも一体なぜもんじゃ屋でマグロなのか?聞けばオーナーが豊洲の老舗マグロ仲卸と旧知の仲で、良質なマグロを安く仕入れられるのだそう。そのマグロを活かそうと考案されたのが「まぐろもんじゃ」だ。

以来25年間、看板メニューとして愛され続けている。海鮮を入れたもんじゃは珍しくないが、良質のマグロを具材に使うなんてアイデアは、もんじゃ界初じゃなかろうか!?パイオニアの味に舌鼓の連打といこう。

『もんじゃ まぐろ家 本店』

東京・月島『もんじゃ まぐろ家 本店』

[住所]東京都中央区月島3-7-4
[電話]03-3531-8600
[営業時間]11時半~23時(22時15分LO)
[休日]なし
[交通]地下鉄有楽町線月島駅10番出口から徒歩3分

▶おとなの週末2024年5月号は「銀座のハナレ」

2024年5月号

撮影/浅沼ノア、取材/藤沢緑彩
※2023年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…