MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える鶯谷の貝料理専門店。

全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える鶯谷の貝料理専門店。

焼貝 うぐいす(和食/鶯谷)|築地をはじめ、全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える貝料理専門店。すべての料理に貝のダシや肝などが効果的に使用され、深い味わいが楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》全国から鮮度抜群の貝を産直で揃える鶯谷の貝料理専門店。の画像をチェック! navigate_next

焼貝 うぐいす(最寄駅:鶯谷駅)

“滋味滋養”とはまさにこの釜飯のこと!

「釜飯」は、貝の旨みが凝縮された栄養たっぷりのダシを使った炊き込みご飯。刺身で食べられる新鮮な貝を炊き上がりに投入、一緒に蒸すのでふっくら柔らかで、ずっと噛み締めていたいと思うほど、口の中に旨みが広がっていく。日によって入る貝の内容や種類は変わるが、その分食感や味の違い、個性が感じられるのもうれしい。釜飯のオーダーは2人前(約1・5合)から、およそ30分で炊き上がる。

釜飯 1人前
1296円(注文は2人前より。写真は3人前)

滋味溢れる、目にも鮮やかな釜飯

肝味噌おにぎり
270円

平貝やミル貝などの肝を叩いて麦味噌、その他と合わせ、焼いたおにぎりにたっぷりと。つまみにもなる逸品

おまかせ焼貝盛り合せ 焼貝3品
2376円

右上から「ホッキ貝の酒盗焼」、「白貝焼」、「大アサリの生のり焼」。汁まで飲み干して!

お店からの一言

料理長 林田松二郎さん
店長 中谷昌幸さん

「貝に合う日本酒を豊富に用意してお待ちしています」

焼貝 うぐいす

[住所]東京都台東区根岸1-3-21 [TEL]03-5603-8183 [営業時間]17時~23時LO [休日]日 [席]34席/1階全席禁煙、2階全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代378円別 [交通アクセス]JR山手線ほか鶯谷駅南口から徒歩2分

電話番号 03-5603-8183
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル