×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

「おとなの週末」2024年6月号で、「町パンBEST5」を作成したスタッフたち。スタッフ総出で実食した結果のランキングですが、その差はごくわずか。ランキングからは惜しくも漏れてしまいましたが、スタッフ各自に思い入れがあり、みなさんにもぜひ味わってほしいパンを焼くお店をご紹介します。

編集・武内イチオシ店『ミサキベーカリー』 @北千住

すべて美味。でも、コロッケ、カレーは格別の旨さ

挽き肉をたっぷり加えた自家製コロッケはホクホク&肉肉しい味わい。そこにパンの甘み、ソースの酸味も絡まる「コロッケパン」はボリュームがあるにも関わらず1個、2個とつい手が伸びてしまう。

またカレーパンのカレーも自家製で、こちらも挽き肉がたっぷり。香り高く程よくスパイシーで、ピーマンの苦みも心地よいアクセント。もっちりした揚げパンと相まって、こちらも1個だけでは収まらないおいしさだ。これらを毎日仕込み、毎朝揚げてくれてありがとうございます!

コロッケパン 216円

『ミサキベーカリー』コロッケパン 216円 自家製のコロッケはホクホクで味が濃い

この2種でも十分なのに、甘いパンもあんぱん、クリームパン、デニッシュなどと種類に富み、香ばしく、甘く、ひと口頬張るほどに笑顔になる。

「毎日食べるものだから飽きられない味を」と店主・三崎さんは言うが、どれも飽きるどころかクセになるおいしさ。朝6時の開店を待って、朝食に昼食用にとパンを買い求める客が途切れないのも納得。なぜランキング漏れ!?なのでこちらで激推しさせてください。

『ミサキベーカリー』

[住所]東京都足立区千住寿町20-4
[電話]03-3888-3757
[営業時間]6時〜20時 ※売り切れ次第終了
[休日]日・祝
[交通]JR常磐線ほか北千住駅西口から徒歩10分

ライター・市村イチオシ店『手作り焼き立てパンの店 LISZT(リスト)』 @瑞江

創意工夫と柔軟性が楽しい ひと捻りあるパンが並ぶ

「日によって変化があるからパン作りは楽しい」と笑う店主・谷川さん。このお店を私が好きな理由は店主の柔軟性とチャレンジ精神、そして創造力だ。例えば札幌で愛されている「ちくわぱん」(210円)、そして滋賀名物の「サラダパン」は、ストレートに「マヨたく」として出すなど、気になったらそのパンを作ってみる

たまごサンド 340円、チキンタツタ 350円、クリーミートマトチキン 250円、マヨたく 195円

『手作り焼き立てパンの店 LISZT(リスト)』(左奥)たまごサンド 340円、(右奥)チキンタツタ 350円、(左手前)クリーミートマトチキン 250円、(右手前)マヨたく 195円 たくあんの甘みとマヨネーズの酸味がいい「マヨたく」。チキンとチーズがたっぷり入った「クリーミートマトチキン」。フィリングの味付けは塩・黒胡椒、マヨネーズとシンプルだからこそ素材の良さがわかる「たまごサンド」。周りをサクッと揚げたジューシーな鶏ムネ肉とワサビマヨが技ありの「チキンタツタ」

昭和世代には懐かしい「あんこ玉」(120円)の見た目は、まさに駄菓子のアレ。6月頃から始まり、夏の名物になりつつある「ラムネあんぱん」(200円)など、遊び心を伴ったパンも揃う。

それでいて、近隣の保育園給食に採用されている安心感やグルメ系ハンバーガー店の特注バンズに使われるなど、プロからの信頼もちゃんと得ている

中でも感動したのは毎日8時と14時頃に焼きあがる食パン。加水率は75 〜80%と高くてしっとり。ひと口いただけばふかふかで、それだけで幸せな気持ちになれる。それで作ったサンドイッチはそりゃ旨いに決まってる。

『手作り焼き立てパンの店 LISZT(リスト)』

[住所]東京都江戸川区瑞江2-13-8
[電話]03-5664-2048
[営業時間]8時〜19時 ※売り切れ次第終了
[休日]日
[交通]都営新宿線瑞江駅北口から徒歩2分

次のページ
ライター・井島イチオシ店『Honey』 @荻窪...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…