×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

カリッ、サクッ。もちっ、ふわっ。「はぁ、おいしい。」そんな言葉が洩れるほど、食べるとあったかい気持ちになれる。そんな“癒やし系”トーストにスポットライトをあてました。今回は、トーストを食べるときにつけるものを、バター、ジャム、スプレッドの3カテゴリに分け、スーパーで買えるものをセレクト。『おとなの週末』編集・戎とライター・飯田でNo.1を決めました。

【バター】No.1は「よつ葉 パンにおいしい発酵バター」!!

(右上から時計回りに)『カルピス』カルピス特撰バター(450g) 1573円、『よつ葉乳業』よつ葉パンにおいしい発酵バター(100g) 372円、『雪印メグミルク』雪印北海道バター(200g) 539円、『明治』明治スプレッタブルバターのやさしいコク(130g) 376円

飯「バターってどれも同じようで、意外と味が違うよね」

戎「色も口当たりも様々でしたね。見た目が白っぽくて、やや塩気を感じたのが、『カルピス特撰バター』。コクがあるのに、くどくならないのはさすが」

飯「『雪印 北海道バター』は黄色の色味。コレがいちばんミルクっぽさを感じたかも」

戎「どちらもロングセラー商品で、王道のおいしさです」

飯「定番品に加えて、最近は“柔らかめ”“パンに塗りやすい”って仕様の商品が増えてきたよね。とくに『よつ葉 パンにおいしい発酵バター』は、実直なバターの味わいと新感触のいいとこどりで秀逸!

戎「僕、愛用していますよ。風味よく、口どけなめらか。トーストとの馴染みはNo.1かと」

飯「『明治スプレッタブル』も馴染みがいいけど、デブ的にはもう少し重さも欲しいなぁ」

戎「キケンな発想(笑)。軽やかさを好む人にオススメです」

『カルピス』カルピス特撰バター(450g) 1573円

乳酸菌飲料「カルピス」を作る工程でできる良質な脂肪分から誕生した一品。透明感のある色白で、コク深いのにしつこくない。パンに合う程よい塩気が絶妙だ。料理や製菓にも大重宝

『カルピス』カルピス特撰バター(450g) 1573円

NO.1『よつ葉乳業』よつ葉パンにおいしい発酵バター(100g) 372円

バターをメインに、クリームチーズ、なたね油、塩を加え、コクのある味わいと柔らかさを両立させた。ふわっと軽い新感触で塗りやすく、口どけは柔らか。あっさりとした後味もGOOD

『よつ葉乳業』よつ葉パンにおいしい発酵バター(100g) 372円

『雪印メグミルク』雪印北海道バター(200g) 539円

北海道の地図を描いた黄色いパッケージでお馴染み。1925年発売のロングセラー商品。北海道の豊かな自然に育まれた生乳から作られ、ミルキーな風味とコクで素材の味を引き立てる

『雪印メグミルク』雪印北海道バター(200g) 539円

『明治』明治スプレッタブルバターのやさしいコク(130g) 376円

バターをメインに、クリームチーズ、なたね油、塩を加え、コクのある味わいと柔らかさを両立させた。ふわっと軽い新感触で塗りやすく、口どけは柔らか。あっさりとした後味もGOOD

『明治』明治スプレッタブルバターのやさしいコク(130g) 376円
次のページ
【ジャム】No.1は「ボンヌママン ブルーベリージャム」!!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…