SNSで最新情報をチェック

「大好きでいつも食べていたあのパン、実は地元だけで売っている商品だった!?」そんな経験はありませんか?最近ではテレビの紹介やスーパーで特設コーナーが設けられるほど人気のローカルパン。今回は、東日本エリアからお取り寄せ可能な4種を集めました。

1.北海道『月寒あんぱん本舗ほんま』月寒あんぱん5種セット 891円/送料別440円〜

人気パンの噂から考案されて150年 今も愛され続ける名品

まるで月餅のような姿の「月寒あんぱん」の生まれは明治7(1874)年頃。北海道月寒地域の軍隊内で菓子販売をしていた実業家が、東京・銀座でのあんぱんの評判を聞き、独自に考案したものだ。

その製法が創業者である本間与三郎に伝えられ、100年以上経った今でも販売されている。「北海道で最も歴史のあるおやつ」とも言われる品だ。

北海道産の小麦・きたほなみを使用し、しっとりさせた生地の中には、北海道産の小豆から作られたこしあんがぎっしり。塩気が効いていて案外あっさりとしており、飽きが来ない

『月寒あんぱん本舗ほんま』月寒あんぱん5種セット 891円/送料別440円〜

こしあん、南瓜あん、黒糖あん、抹茶あん、黒胡麻あん 各1個/配送:常温/賞味期限:製造日より90日間

[住所]北海道札幌市豊平区月寒中央通8-1-10 月寒中央ビル1階
[電話]011-851-0817
[休日]1月1日〜3日
[営業時間]10時〜18時
[HP]http://www.e-honma.co.jp/

2.山形県『たいようパン』ベタチョコセット(6種入り) 1165円/送料別770円〜

ひと口かじれば誰しも学生時代に引き戻される

コッペパンに薄く塗られた、甘さ控えめのバタークリーム、その上にたっぷりとのるパリパリのチョコレート。ひと口かじると、「こういうの、昔よく食べた!」と懐かしみたくなる。甘党にはたまらない味だ。

「ベタチョコ」の誕生は昭和39(1964)年、東京オリンピックが開催された年。親子代々食べ続ける家庭も多く、山形県のソウルフードとも言われている。

現在9種類の味を販売しているが、その中から6種をセットに。中には2020年の東京オリンピックを記念した「プレミアムベタチョコ」もあるので、新旧の味を食べ比べるのも楽しい。

『たいようパン』ベタチョコセット(6種入り) 1165円/送料別770円〜

ベタチョコ・プレミアムベタチョコ・粒々いちごベタチョコ・白いベタチョコ・ミルクケーキベタチョコ・ピーナッツベタチョコ 各1個/配送:常温 ※夏季(6月~9月)はクール便対応990円〜/賞味期限:製造日より4日以内

[住所]山形県東置賜郡高畠町深沼2859-6
[電話]0238-52-1331
[休日]日・祝
[営業時間]8時半〜17時
[HP]https://taiyopan.com/

次のページ
3.福島県『手造りパン工房・クレール』クリームボックス10個...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…