MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

ねぎま鍋で知られた北池袋の『なべ家』は江戸料理の大家・福田浩さんの店、惜しまれつつ閉店したが、そこで仲居をしていたのがこの店の女将。[交通アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分

perm_media 《画像ギャラリー》[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)の画像をチェック! navigate_next

ねぎま(最寄駅:北池袋駅)

江戸っ子の粋に思いを馳せる鮪とネギの潔さ

「いつか店をやるならこの鍋を出したい」と密かに心に誓っていたという。ふわっと香るダシに鮪とネギを解き放ち、ほどよく火が入ったら引き上げる。一連の作業は店が引き受けてくれるのでこちらは食べるだけ。粗挽きの胡椒をパラリとふればさらに香りが引き立つ。江戸前の玉子焼き、自家製の燻製など気の利いた料理と日本酒もあり、何より朗らかな女将の人柄に惹かれて通いたくなる。

ねぎま鍋オススメコース
1人前3780円

ネギに合わせてすべての具が煮上がるようゆったりと火を入れる。まずはダシをひと口味わってから食べるべし

〆の汁かけ飯 コースより
 

〆は江戸らしい汁かけ飯。濃厚なねぎまのスープを炊きたての白飯にかけるとたまらなく旨い

小皿料理三品 コースより
 

大豆を粗めに潰した呉汁、柿と椎茸の白和え、みりん不使用の江戸前の玉子焼き

お店からの一言

女将 公代さん

「美味しいつまみもいろいろとお出ししますよ」

ねぎまの店舗情報

■『ねぎま』
[住所]東京都豊島区池袋本町4-3-17
[TEL]080-8739-8566
[営業時間]18時~22時半(22時LO)
[休日]日曜日・月曜日・祭日・不定休もあり
[座席]カウンター8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代400円別(コース注文の場合はなし)
[アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分

電話番号 080-8739-8566
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
仕上げに味噌ではなく、途中で加えて具材に味を染み込ませるために軽く煮込む「とん汁」。都内の定食屋を駆け巡って見つけた、これぞ! の一杯を紹介します。
牡蠣がますます美味しい季節。昼に白飯と合わせるならダンゼン牡蠣フライじゃありませんか? 
生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。
フレンチのシェフを経て、海外の大使館でさまざまな料理を作っていた古川孝明さんが2018年4月にオープン。その腕を生かした高コスパのランチが日替わりで4~5種揃う。
むっちりした豚肉とご飯をわしわし交互に食べる。かじった途端スイッチが入る一心不乱の極上めし!
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル