SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ねぎま(最寄駅:北池袋駅)

江戸っ子の粋に思いを馳せる鮪とネギの潔さ
「いつか店をやるならこの鍋を出したい」と密かに心に誓っていたという。ふわっと香るダシに鮪とネギを解き放ち、ほどよく火が入ったら引き上げる。一連の作業は店が引き受けてくれるのでこちらは食べるだけ。粗挽きの胡椒をパラリとふればさらに香りが引き立つ。江戸前の玉子焼き、自家製の燻製など気の利いた料理と日本酒もあり、何より朗らかな女将の人柄に惹かれて通いたくなる。

ねぎま鍋オススメコース

1人前3780円

ネギに合わせてすべての具が煮上がるようゆったりと火を入れる。まずはダシをひと口味わってから食べるべし

〆の汁かけ飯 コースより

〆は江戸らしい汁かけ飯。濃厚なねぎまのスープを炊きたての白飯にかけるとたまらなく旨い

小皿料理三品 コースより

大豆を粗めに潰した呉汁、柿と椎茸の白和え、みりん不使用の江戸前の玉子焼き

お店からの一言

女将 公代さん

「美味しいつまみもいろいろとお出ししますよ」

ねぎまの店舗情報

■『ねぎま』
[住所]東京都豊島区池袋本町4-3-17
[TEL]080-8739-8566
[営業時間]18時~22時半(22時LO)
[休日]日曜日・月曜日・祭日・不定休もあり
[座席]カウンター8席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代400円別(コース注文の場合はなし)
[アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分

電話番号 080-8739-8566

2018年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

admin-gurume
admin-gurume

admin-gurume

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…