SNSで最新情報をチェック

大好きな富士山ツーリング(自転車)で先日、河口湖界隈を走ってきました。富士山はほぼ雪も解け、登山シーズンに入ります。登山道で一番人気がある吉田ルートでは有料の事前予約制も始まりましたね。全ての登山者、観光客にとって安全で楽しい登頂になることを願っています。

icon-gallery

渋谷スクランブル交差点よりも有名?

今日はその吉田ルートの拠点である山梨県富士吉田市の名物グルメをご紹介したいと思います。ところで、前回は富士河口湖のオーバーツーリズムをご紹介しました。実は富士吉田市の旧市街地交差点から見えるノスタルジックな富士山も「映えスポット」として、毎日多くの外国人観光客で人が溢れています。

旧市街地交差点から望む富士山

東京・渋谷スクランブル交差点の次に有名な横断歩道という噂もあるくらいです(笑)。この界隈には昔ながらの飲食店が多く、富士吉田市が生んだ伝説のロックバンド「フジファブリック」の聖地「M-2」や、肉も魚も美味しい「いづみや」、「よしだ」など食堂の名店が揃っています。富士山登山に挑戦する方は是非予定に組み入れてもらえればと思います。

市内の「吉田うどん」半分を訪問

とはいえ、富士吉田市と言えばやはり「吉田うどん」。最近は多くのメディアに取り上げられ全国でも有数のご当地グルメになりました。特徴は何といっても麺の「硬さ」「太さ」「長さ」にあります。各店に共通するのは必ず茹でたキャベツがのっていること、お店オリジナルの「すりだね」が薬味として置いてあること。「すりだね」はゴマや山椒、唐辛子を混ぜ合わせてつくったもので、途中で入れると味変が楽しめますよ。

「吉田うどん」のお店は市内に50店舗ほどあると言われており、筆者は半分ほど訪問しています。正直言ってどこも美味しいので、今日はその中でもインパクトが強く、記憶に残る3店ご紹介したいと思います。

「みうらうどん」吉田うどんの元祖

まずは「みうらうどん」です。吉田うどんの元祖と言われていますので、敬意を表しご紹介します。元祖、それだけでも記憶に残るというものですし(笑)、もちろん味も抜群です。

「みうらうどん」のうどん

朝は10時から開店します。かつ量が少なく安い「中もり」もありますので、吉田うどんを初めて経験される方は、10時にみうらうどんで「かけうどん中もり(350円)」を召し上がっていただき、13時ごろもう1店お好みのお店に行って食べ比べるのも面白いと思います。うどん好きの方であれば「吉田うどん」にはまること間違いありません。ちなみに吉田うどんのお店は14時くらいに締めるお店がほとんどですのでご注意を。

「みうらうどん」
次のページ
「山崎家」の強烈な「焼肉定食」に夢中になる!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…