×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

伊勢在中の人はおうちでも伊勢うどんを食べるということで、スーパーにはさまざまなメーカーの茹で麺がずらり。そこで購入して食べ比べ。さあ、どれがおいしい!?

『大徳食品』三重県内産小麦を贅沢に使った四日市からの刺客

手に持ったとき、一番硬く感じたのがこれ。讃岐うどんのようなエッジが立っていて、もっちりとした食感。茹で時間は2〜3分とあり、3分間茹でたものの、伊勢うどんにしては硬いと思った

『大徳食品』250g 96円

『大徳食品』250g 96円
『大徳食品』250g 96円

『山口製麺』長めの茹で時間から生み出されるふわふわの食感

茹で時間3〜4分と長めの設定と平べったくて柔らかいのが特徴。4分間茹でるとさらに柔らかくなり、食感もふわふわに。レベルは相当高いが、麺の中心部までふわふわだったのが実に惜しい

『山口製麺』240g 96円

『山口製麺』240g 96円
『山口製麺』240g 96円

『駒鳥食品』ふわふわ派よりももっちり派におすすめの茹で麺

やや平べったくて柔らかい。パッケージに茹で時間の表記がなく、3分間茹でることに。ふわふわ感よりももっちり感の方が強く、麺の表面はツルツルしている。好みの分かれるところだ

『駒鳥食品』240g 96円

『駒鳥食品』240g 96円
『駒鳥食品』240g 96円

『みなみ製麺』店と遜色のないクオリティに思わず驚愕!

オーストラリア産と国産のブレンドした小麦粉を使用。ふわふわ食感の麺中心部に髪の毛一本分のコシを見事に残している。店で食べるのとまったく遜色のない味と触感に驚愕した。完成度がスゴい!

『みなみ製麺』240g 96円

『みなみ製麺』240g 96円
『みなみ製麺』240g 96円
次のページ
【タレはこれ!!】『マルキ商会』「マルキの伊勢うどんたれ」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…