SNSで最新情報をチェック

「おとなの週末」2022年12月号で掲載した伊勢うどん特集ですが、本誌で紹介した以外にも気になる伊勢うどん店がズラリ。前後編に分けてお届けします。後編は変わり伊勢うどんが登場!

画像ギャラリー

さて、伊勢うどんを食べ歩く旅の後編。今回の旅の目的は、2泊3日間で、できるだけ多くの店に足を運んで本当においしい店を探すというもの。

連日食べ続けているおかげで、かつて苦手だった伊勢うどんがむしろ好きになってきた。とはいえ、3日目にもなると、飽きてしまうのも否めない。

旅の疲れを癒やす甘~い伊勢うどん?

「では、ちょっと口直しに行きましょう」と、加藤さんに案内されて到着したのは、伊勢神宮内宮の宇治橋から五十鈴川沿いに続く石畳の通り「おはらい町」。平日だというのに、多くの人々で賑わっている。江戸時代に一大ブームとなったおかげ参りもこんな感じだったのかと歴史に思いを馳せていると、

平日でも多くの参拝客で賑わうおはらい町
平日でも多くの参拝客で賑わうおはらい町

「ナガヤさん、ここです。ここ!」と加藤さんが店の前で手招きしている。そこは松阪牛をはじめ、厳選した和牛を使ったステーキ丼や牛丼が有名な『二光堂 寶来亭』

いやいや、たしかに旨そうだし、旨いに違いないんだろうけど、ステーキで口直し??? それとも、松阪牛のステーキをドーンと豪快にのせた伊勢うどん? きっとそれだ! 加藤さんはここに何度も取材に来ているようで、

『二光堂 寶来亭』外観
『二光堂 寶来亭』外観

「例のアレ、お願いできますか?」と、何やら女将さんに注文している。ただ、この後も伊勢うどんを食べなきゃならないし、今ステーキを食べたら腹パンになってしまうかもしれない。そんなことを考えていたら、加藤さんが頼んだ「例のアレ」が目の前に運ばれた。それは筆者の予想のナナメ上をいくものだった

伊勢うどんの上に冷たいバニラ味のソフトクリームをのせて、その上から伊勢うどんのたれときな粉をかけた「伊勢うどんソフト」(500円)だったのだ。

「要するに、伊勢うどんの存在は白玉と同じですよ。コシの強いうどんでは違和感があって無理でしょうが、やわやわの食感の伊勢うどんだからこそスイーツでも成立するんです」と、加藤さんは満面のドヤ顔。

伊勢うどんの麺とタレを使った「伊勢うどんソフト」
伊勢うどんの麺とタレを使った「伊勢うどんソフト」

たしかにソフトクリームであれば、口直しにぴったり。では、いざ実食! まずは、ソフトクリームと伊勢うどんのタレとの相性の良さに驚いた。甘さと辛さが見事に調和していて、きな粉の素朴な風味もアクセントになっている。

いちばん驚いたのは、やはり伊勢うどんとソフトクリームのマッチングである。加藤さんのおっしゃる通り、白玉のようなもっちりとした食感が楽しめる。また、伊勢うどんの上に直接ソフトクリームをのせると固くなってしまうため、間にコーンフレークを挟んでいるのもポイントだ。伊勢うどんのさらなる可能性を目の当たりにしたような気がする。

「皇大神宮別宮月讀宮の近くにある『つきよみ食堂』には、白玉や餅の代わりに伊勢うどんを入れたぜんざい『手打ちぜんざい』もありますよ。残念ながら、提供は12月からなので今は食べられませんが、なかなかおいしかったですよ。ほら」と、加藤さんはスマホで撮影した写真を見せてくれた。

『つきよみ食堂』の「手打ちぜんざい」(撮影/加藤直人)
『つきよみ食堂』の「手打ちぜんざい」(撮影/加藤直人)

次のページ
カレーうどんもやわやわ麺が伊勢のスタイル...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...