MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。

perm_media 《画像ギャラリー》ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅の画像をチェック! navigate_next

赤間屋(最寄駅:栃木駅)

ふっくら肉厚の「うな重」迫力を感じつつ品も湛える旨さ

特上うな重 4000円

『赤間屋』は、昔ながらの時間の流れを感じさせてくれる落ち着いた佇まいがいい。
ふっくら肉厚でふんわりと蒸されたうな重は蓋を開けた瞬間におお!と言いたくなる迫力。
口いっぱいに頬張ってもタレは甘過ぎず、タレのしみた米粒まで旨い。

・茶碗蒸し 540円
・肝の煮付け 500円


[住所]栃木県栃木市湊町13-16 [TEL]0282-22-0160 [営業時間]11時半~14時、16時~18時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]テーブル8席、小上がり12席 全20席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩12分

むさし家(最寄駅:栃木駅)

野趣あふれる「うなぎ」の醍醐味を満喫!

『むさし家』は創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。
使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。
ほどよく脂が乗ってとろっとくる柔らかさ。コクありのタレもいい。心ゆくまで味わいたい。

どじょうの唐揚げ、川えびのからあげ 各600円


[住所]栃木県栃木市旭町16-37 [TEL]0282-22-0034 [営業時間]11時~14時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]月・第3火 [席]小上がり全29席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩10分 ※来店前に電話が望ましい

巴波川風情と蔵の街 老舗のうなぎが旨い

川風を頬に感じながらゆったりと水の上を行く。
船頭さんが語る街の歴史と船頭唄に耳を傾け、120メートルほど続く黒塀と白壁の土蔵を眺めていると、いつしか時を遡る感覚に――。

「蔵の街」と言われる栃木市は、今行く巴うずま波川が舟運で江戸と繋がれ、筏に組んだ木材を江戸深川の木場まで行きは三日三晩、帰りは四泊五日をかけて行き来したそうだ。

そんな話を聞きながら、まずは「蔵の街遊覧船」でのんびり20分。
小江戸の旅の入り口はやはりこれ。ちなみに1日乗船券だから、夕暮れ時にもう一度なんて手もある。

お次は「蔵の街大通り」を散策だ。
栃木は京都の朝廷から日光東照宮を結ぶ「例幣使街道」の宿場町としても栄えたところで、通り沿いには黒塗りの見世蔵や白壁の土蔵群、大正期の洋館なども残って趣がある。
昭和初期には証券会社だったという洋館がリノベされたカフェを発見。
古くて新しいこんな空間でくつろぐのも醍醐味だ。

ほどよく腹が減ったところで、本日の本命、うなぎ屋へ行こう。
巴波川は幸来橋のたもと『赤間屋』だ。
かつては川魚の卸問屋だったころから数えて四代目。落ち着いた佇まいがいい。

朝捌いたうなぎがじっくり調理されるのを待つ間にまずは一杯。
登場したうな重は肉厚でふんわり。表面のこんがりした香ばしさもいい具合。
川の風情を感じながらのうなぎ、こいつはいい。

街にはまだまだ、伝統的建造物群が残る嘉右衛門町通りや数多くの歴史館などもあって見所には事欠かない。

さらに聞けば、市内各所に「とちぎ江戸料理」を食べられる店があるとか。
栃木ならではの食材も生かしながら、江戸期の料理本や文献をもとに再現。
江戸に負けじと栃木市の料理人が生み出した料理だという。
よし、締めはそいつを楽しんで一杯と決めた!

その他の「小江戸うなぎ旅」はこちらから!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
創業昭和25年の老舗。メニューにレシピはなく、先代の仕事ぶりを見て覚えた味を提供している。
「鯖街道」を有する福井県若狭地方で新たなブランドサバが誕生していました。こだわりと愛情がたっぷり詰まった「よっぱらいサバ」に出合うため、サバジェンヌが福井県までやってきました。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル