MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

地元の旨いものは地元の酒と合う!しかもやっぱり夏はビールでしょ!ということで、地元メシ×地元ビールを巡る旅に出ました。今回は海を見ながらビールが楽しめる富山県!富山の地元ビールと地元食材が楽しめる、おすすめ2店をご紹介。

perm_media 《画像ギャラリー》この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!の画像をチェック! navigate_next

海も山も豊だから旨いんだな、ビールが!

上越妙高を過ぎて北陸新幹線が大きくカーブすると「おー海が見える!」と叫んでしまった。
糸魚川から先は海沿いを走るので、窓からの景色がガラリと変わる。

旅気分乗ってきましたよ~。
黒々した立山連峰が見えてくればもう富山駅は近い!

さて今回のミッションは、“富山の地元ビールと地元食材を食い尽くせ”なのである。

あぁなんてシアワセな仕事なのだ。


駅から歩いて行ける『季の香』は富山の旬の魚介が目白押しだ。

越中の台所 季の香(最寄駅:富山駅)

漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載

店内にはずらーり芸能人のサインがある有名店。
こちらのご主人、美味しいもの好きが高じて店を始めてしまったそうで、その情熱はなかなかに熱い!

▲生ほたるイカ昆布〆め 1000~1500円
宇奈月ビール十字峡 860円

「本当に美味しいものは足を運ばないと分けてもらえないからね」と、あちこちの港で漁師さんから直に仕入れているという。
「獲る人で魚の美味しさって違うんですよ」ときっぱり。
うーむ深いです。

まずはホタルイカの昆布〆めからいただきます!
これと合わせたのがフルーティで軽い『宇奈月ビール』のケルシュ。

なんとも相性よく、ぐいぐい飲んじゃいました。

宇奈月ビールのほかゲストビールも登場!

[住所]富山県富山市宝町1-5-11 タカラビル2階 [TEL]076-432-3355 [営業時間]17時~22時LO  ※ランチの提供は終了 [休日]月曜日 [座席]テーブル14席、座敷32席、和室10席、計56席/分煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JRほか富山駅南口から徒歩3分



さて魚介も食べ尽くしたかなというところで、2軒目『バルバンコ』に突入。
スペインバルへと滑り込み、1階を素通りして2階へ。

バルバンコ(最寄駅:富山駅)

富山が誇る牛肉を炭火焼きで味わう

そこは隠れ家炭火焼きレストランになっているのだ(別に隠れてないけど)。
池多牛をはじめ、富山の牧場で愛情いっぱいに育った牛を腕、足などの塊で仕入れて部位ごとに焼いてくれる。

▲富山牛みすじ炭火焼き 3200円
はかまエール 1600円

希少部位を含むおすすめの部位を200gから炭火で焼きあげる。
『城端麦酒』の〈はかまエール〉と味わえば最高の気分!

そして器もすごくカッコいい……。
「富山の作家さんなんです。世界的に有名なレストランでも使われていますよ」。
うふふと店主の高野幸さんはチャーミングに微笑む。

海も山も食材が豊富だし、そんなすごい陶芸家もいるとは、富山っていいですね!

レストランの1階はビールのタップが8種類ある同系列のバル。アフターにも!

[住所]富山県富山市新富町2-5-3 2階 [TEL]076-471-5355 [営業時間]月曜日・水曜日~金曜日:17時~24時、土曜日・日曜日・祝祭日」11時~24時 [休日]火、不定連休あり [座席]テーブル18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代別500円 [アクセス]JRほか富山駅南口から徒歩7分

翌日は駅弁×ビールの旅というわけで、ローカル線「あいの風とやま鉄道」に乗ってみた。
お供はもちろん富山と言えばの鱒ずし。

のんびりいい雰囲気だが、本数が少ないので帰りの時刻はチェックしておきたい。
でないと駅で40分待ちぼうけなんてハメに。

駅弁&ビール情報

ほっこり柔らかい塩気がビールを誘う鱒ずし

鱒ずしは数社が作っていてそれぞれ味が違うので、食べ比べて自分好みを探したい。
この相棒にはキリンビールが手がけた「富山づくり」と決めていたがなんと完売!
そこで「一番搾り」や地元の『宇奈月ビール』をお供に。

駅弁はほかに蛍いかの釜飯などもあり。

我々は終点越中宮崎で降りて、海を見ながらまたしてもプハッ。
クッーたまらん。

ローカル線と地元ビール旅、この夏クセになりそう!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
神楽坂で男ひとりでも平気な喫茶&甘味。しっとり大人の美味巡り。かつては文豪も多く暮らし、趣ある石畳の小道や料亭には今も花街の風情が残る、神楽坂。グルメライターがしっかり歩いて神楽坂の魅力探ってきました。
都内の人気エリアの一つ、高円寺。数多くある飲食店の中から、ここではおすすめのカフェを厳選してご紹介します。猫カフェなど流行のお店ではなく、昔ながらの雰囲気を保ちながらも新しいメニューを取り揃える、おしゃれな絶対に訪れるべきお店ばかりです!
中野のラーメンを人気グルメ雑誌のライターが覆面調査!究極の3杯を集めました!中野駅近でアクセス抜群の絶品店や、安くて美味しい名店、ミシュランガイドにも掲載された人気店です。店舗情報もあるので、ぜひチェックしてください!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル