MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
若林で新たに出発!新生『ナイーフ』のブレッドは程よい塩味でモチモチ!

若林で新たに出発!新生『ナイーフ』のブレッドは程よい塩味でモチモチ!

中目黒の名店『ナイーフ』が一時クローズしたのは2007年のこと。その後、店主の谷上さんは新店立ち上げや『ドミニク・サブロン』のシェフ・ブーランジェを務め、’15年に若林で再出発した。

perm_media 《画像ギャラリー》若林で新たに出発!新生『ナイーフ』のブレッドは程よい塩味でモチモチ!の画像をチェック! navigate_next

ラ・ブランジェ・ナイーフ(最寄駅:若林駅)

食事としてのバゲットなど基本のパンのスタイルは同じだが、「新しい技術を得て製法を変えた」と中身は進化。国産小麦にほぼ切り替え、自家製天然酵母を駆使した味はどれも仕事への実直な姿勢そのものだ。

マリネ
1200円

定番商品。ナッツやドライフルーツ入りでスパイスが利いた「マリネ」はコーヒーや紅茶のお供にも最高。

パン・ド・ナイーフ
280円

「パン・ド・ナイーフ」はバターとクリームチーズを練り込んだ生地が風味豊か

カンパーニュ・バゲット
300円

パネトーネ(1/2)
450円

若林ブレッド
460円(写真は1/2で240円)

国産小麦を使用。適度に気泡が入り、程良い塩味でモチモチ。そのままでも、トーストしてもオススメ

お店からの一言

シェフ 谷上正幸さん

「責任感を持って安心で美味しいパンを作っています」

ラ・ブランジェ・ナイーフの店舗情報

[住所]東京都世田谷区若林3-33-16 1階 [TEL]03-6320-9870 [営業時間]10時~18時(パンが充実するのは昼ごろ)※ランチタイム有 [休日]火・水(ほか臨時休業あり)/予約可 [交通アクセス]東急世田谷線若林駅から徒歩2分

電話番号 03-6320-9870
2018年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
入り口に書かれた「焼きたてパン。昭和25年創業。昔風の作り方です」のコピーに心惹かれるレトロなお店に、懐かしい面持ちのパンが並ぶ。
毎日の朝食や食卓に欠かせない身近なものから、リッチな高級系まで出揃っていて、最近ますます「食パン」が面白くなっています。東京のパン屋さんのなかでもコレ! と、おと週取材班が太鼓判を押す逸品を、厳選してご紹介。おすすめの食べ方も掲載です!
食品や日用品などさまざまな商品が並ぶコストコは、パンの種類も充実しています。その中で見つけたのが新商品の「国産ミルクブレッド」。白くてふわふわした見た目から、あの名作アニメに登場した「白パン」を思い出します。
正直、何の変哲もない街の小さなパン屋さん。なのに絶え間なく客が詰めかける。
職人がひとりで焼いているため、売り切れることも多々ある人気のパン店。「塩ぱんあんこ」はその名の通り、塩の利いたパンの風味の中になめらかなあんが溶け合って、絶妙な甘さだ。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル