MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪ローカル穴場メシ情報[22] 博多で大行列のホルモン店「天神ホルモン」が満を持して激戦区・ミナミに初見参!

大阪ローカル穴場メシ情報[22] 博多で大行列のホルモン店「天神ホルモン」が満を持して激戦区・ミナミに初見参!

日本一忙しいといわれる、大行列のホルモン店がついに大阪へとやって来た。 それもB級グルメから話題のバルまで集う超激戦区の裏なんばに……。 「博多の店舗は8割が外国人。常に行列で24席しかないんですが、1日に400〜500人が来店します」(店長) 厨房はフル稼働。休んでいる暇さえないほど忙しいという……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪ローカル穴場メシ情報[22] 博多で大行列のホルモン店「天神ホルモン」が満を持して激戦区・ミナミに初見参!の画像をチェック! navigate_next

博多で大行列のホルモン店「天神ホルモン」が満を持して激戦区・ミナミに初見参!


日本一忙しいといわれる大行列のホルモン店がついに大阪へとやって来た。

それもB級グルメから話題のバルまで集う超激戦区の裏なんばに……。

白い提灯が目印の「天神ホルモン裏なんば店」が、その店だ。


「博多の店舗は8割が外国人。
 常に行列で24席しかないんですが、1日に400〜500人が来店します」(店長)

厨房はフル稼働。

休んでいる暇さえないほど忙しいという。

そんな人気店が裏なんばでオープンしたのは8月21日のこと。

まだ、つい最近なんや!

名物は、赤もつと白もつ(ともに900円)だ。


「両方とも同じぐらい出ます。
 白もつは、大腸や小腸、赤せん、コリコリなど白い部位。
 対して赤もつは、ハートやレバー、ツラミ、タンツラなど赤身の部位です」

なぜ、これほどまで天神ホルモンが人気なったのか?

その理由は、鉄板にある。

鉄板は焼くだけでなく、カリッと表面を揚げたりもできる。

さらに、部位に合わせて温度帯を分けて焼けるため、それぞれのホルモンが最も適した具合で提供できるのだ。


博多から取り寄せた特製ダレに絡ませた白もつは、甘くて香ばしい。


「外国人のお客さん、特に韓国人の方にウケたのはホルモンをヘラで細かく切る調理法。
 こうした調理は韓国にはないみたいです」

仕事は実に細かい。

赤もつも、タレが絡みやすいようにホルモンを刻んでいた。


赤もつは、味噌ベースでブレンド味噌を使用する。

シャキシャキとしたもやしが合うのも、鉄板ならでは。


精肉屋の“まかない”でしか食せない希少部位も人気メニュー。

それが「ムカデ」(980円)だ。

肩と首の間の部位で、「カットする前の形がムカデに似ているからそんな名称になったんです」とか。


意外にも見た目よりも柔らかく、黒胡椒とよく合う。

肉自体の味が濃いのでステーキソースも使用していない。

言うならば、バラとハラミのちょうど中間のような味だ。



中は柔らか、外はサクサクの「ミノの唐揚げ」(600円)もおススメしたい。

スナック感覚でいくらでも食べれてしまいそう…。




行列ができるという噂の店、やはりホンモノだった!

ちなみに1階は鉄板のカウンター席で、2回は座敷や個室まで完備する。

天神ホルモン裏なんば店
[住所]大阪市中央区千日前2-2-6
[TEL]06-4397-1129
[営業時間]17:00~23:00(火~金)
      12:00~23:00)(土日祝)
[定休日]月曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル