MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子

perm_media 《画像ギャラリー》東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選の画像をチェック! navigate_next

本家あべや 秋田純米酒処

素通り不可能!絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー

▲きりたんぽ鍋 2592円

毎朝生産者から届くとびきり新鮮な比内地鶏が自慢の焼鳥店。すぐ隣に併設しているのが、秋田県産の純米酒のみを扱う日本酒バーだ。

感動すら覚えるのがカウンターに立つスタッフの酒に対する知識と愛情の深さ。抜栓したてのボトルはデキャンタージュで香りを華開かせ、燗はその酒にぴったりの細やかな温度帯で供してくれる。
比内地鶏を使った肴も文句無しのウマさで、ここを知れば立ち寄らずにはいられない。

▲比内地鶏 焼き鳥盛合わせ 6本 2268円

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内グラングルメ2階 北町ダイニング [TEL]03-6269-9277 [営業時間]11時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]年始 [席]カウンター10席(店内は100席)/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩3分

EATALY グランスタ丸の内

自由な発想で楽しみ方は無限大!伊産食材&ワインを思う存分味わう

▲アペリティーボ 1480円

店内のバールスペースでは、チーズや生ハム、そしてフォカッチャをワインと共に楽しめる。
さらに棚にあるすべての食材やドリンクは、購入後その場で開封OK。好みのワイン1本(抜栓料+1080円)を仲間とシェアし、オリーブやチップスと味わうなんて楽しみ方もいい。

▲プロシュット・サンダニエーレ 1795円(100g)

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅構内地下1階(改札外) [TEL]03-3217-7070 [営業時間]7時~23時、日・連休最終日の祝日7時~22時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]バールスペース20席(他にスタンディングテーブル5卓、奥にレストランスペースもあり)/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下北口・中央口から徒歩1分

常陸野ブルーイング・ラボ TokyoStation

世界へ羽ばたくニッポンのビールを飲んで学べるラボラトリー

▲常陸さばサンド 680円、ペールエール カスクコンディション 680円

グランルーフ2階のペデストリアンデッキでひと際目を引くのが、今や世界的に名を馳せる「常陸野ネストビール」のパブだ。常時12種類のドラフトを揃えるなかで、ぜひ飲んで欲しいのが東京駅限定醸造の1杯。

写真の「ペールエール カスクコンディション」は、微量のガスを含んだスムースな飲み口。他に窒素ガスでクリーミーな泡に仕上げた「ナイトロ」なども用意する。
ビールとのマッチングを楽しめるフードも充実し、昼からグラスを傾ける客で賑わっている。

▲3種お試しセット 980円

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅グランルーフ2階 [TEL]03-6551-2515 [営業時間]11時~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]20席(他にスタンディングスペースあり)/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲中央口から徒歩3分

神座飲茶樓

職人が作る点心が目白押し1杯450円の酒でせんべろ可能!?

▲小籠包 540円

大阪発のラーメンチェーン『どうとんぼり神座』が東京駅で打ち出すのは本格飲茶を主軸としたスタイル。肉汁が口いっぱいにあふれる小籠包や、プリプリのエビを仕込んだ蒸し餃子など、熟練の職人の手による点心は、どれも専門店顔負けの出来映えだ。

また、アルコール類もリーズナブルで、サワー類、ワイン、ハイボール、紹興酒は450円均一!千円札1枚で、つまみ1品+ドリンクのサク飲み可能だ。
お腹に余裕があれば、〆にはぜひ名物のラーメンを堪能したい。

▲おいしいラーメン 760円

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅グランルーフ地下1階 [TEL]03-6256-0377 [営業時間]11時~23時(ラーメンとドリンクは22時半、それ以外は22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]28席/全席禁煙/16時以降予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央口から徒歩3分

ワインショップ・エノテカ グランスタ丸の内店

テーブルワインから稀少なボトルまでバイザグラスで味わえる!

▲キャビアプレート 540円 

赤・白・泡・ロゼで計6種類を用意する1杯540円のグラスは、日常使いやカジュアルに飲みたい時にぴったり。また、ワイン好き必見なのが壁の黒板だ。1本数万円~の高級ボトルをバイザグラスで提供するというサービスも行っている。

▲ルイ・ロデレール・クリスタル 1620円 生産量が少ない稀少なシャンパンで、グラスで飲めるのは珍しい

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内 地下1階(改札外) [TEL]03-6551-2368 [営業時間]10時~22時(21時半LO)、日・連休最終日の祝日10時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター6席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下北口から徒歩1分

駅を楽しくする秀逸店揃いで◎

東京駅に来ると、なぜか1杯ひっかけたくなる。これから旅に出かけるヒト、旅から帰ったヒト、行き交う大勢の人々からあふれる浮かれ気分に当てられ「そんじゃ、アタシも」ってなる。
そんなライター・菜々山が、仕事抜きでうっかり飲み歩いてしまった、駅構内にある名店を紹介します。

まずは、グランスタ丸の内にある『EATALY』。バールスペースではグラスワインも販売するが、そこで売っているボトルも飲めるし、食材も食べられる。つまり、目にうつるすべてのものを、自由自在に味わえるという夢の空間なのだ。もはや、ちょい飲みで済まなくなること必至です。

ここで、声を大にして言いたいことがある。それが、『ワインショップ・エノテカ』の“ハッピーアワー長すぎ&安すぎ問題”だ。通常1杯1296円する高級シャンパンが、なんと月・火・水・木の17時〜LO まで(ちょっと量は少ないけど)540円!
取材時、立ち会っていただいたグランスタ広報の女性もボソリと「ええ!? 仕事終わったら寄ろ」って言ってました。

日本酒好きなら『本家あべや秋田純米酒処』にぜひ!ここで働く西山さんが出してくれる酒がめっぽうウマい。若いのに知識豊富で、その酒のポテンシャルを手を替え品を替え、色んな手法で最大限に引き出してくれる。しかも、つまみも逸品ぞろいというのが、これまたニクい。

酒で忘れちゃいけないのがビールですよね。ありますとも!それが『常陸野ブルーイング・ラボ』
ビールについては上記の記事をお読みいただくことにして、ここで言いたいのが立地だ。建物内ではなくデッキテラスにあり、店内からのぞむ八重洲の景観が抜群なのだ。ビールと景色でリフレッシュにも◎

最後は『神座飲茶樓』。東京駅ってちょっと高めの店が多いけど、ここはビール以外のアルコールは450円。汁だくの小籠包をハフハフっとやって、ハイボールをグイ〜ッで990円。コスパの高さはピカイチだ。

電車の1本や2本遅らせても、飲みに寄りたい店がある。なんなら電車に乗らなくても東京駅
に飲みに行くべし! !

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
神楽坂で男ひとりでも平気な喫茶&甘味。しっとり大人の美味巡り。かつては文豪も多く暮らし、趣ある石畳の小道や料亭には今も花街の風情が残る、神楽坂。グルメライターがしっかり歩いて神楽坂の魅力探ってきました。
都内の人気エリアの一つ、高円寺。数多くある飲食店の中から、ここではおすすめのカフェを厳選してご紹介します。猫カフェなど流行のお店ではなく、昔ながらの雰囲気を保ちながらも新しいメニューを取り揃える、おしゃれな絶対に訪れるべきお店ばかりです!
中野のラーメンを人気グルメ雑誌のライターが覆面調査!究極の3杯を集めました!中野駅近でアクセス抜群の絶品店や、安くて美味しい名店、ミシュランガイドにも掲載された人気店です。店舗情報もあるので、ぜひチェックしてください!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル