MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物のアジフライに関するグルメ取材記事と写真。アジフライは厚みがあって大きいだけでなく、身がふわふわ。「脂ののった新鮮な魚のおかげだよ」というが、サクサクの軽やかな揚げ方も秀逸で、ぺろりと食べられる。[住所]東京都江東区豊洲6-6-1 豊洲市場7街区 管理施設棟3F

perm_media 《画像ギャラリー》豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!の画像をチェック! navigate_next

とんかつ八千代(最寄駅:市場前駅)

サクサクでふんわりかつてない至福の食感

ロースカツも厚みがあるのにジューシーで柔らかく、市場で働く人たちの一番人気と聞いて納得。とんかつの美味しさも抜群だ。

アジフライ定食
1300円

毎朝4時ごろ、長年付き合いのある場内の店から、その日に水揚げされたアジが届く。厚みと大きさ、脂ののりを重視し、時期により産地は異なる

ロースカツ定食
1500円

薄くピンク色に仕上げている、とんかつの揚げ方も見事。ケチャップ添えはロースかつのみだが、見事にマッチ

お店からの一言

店主 石塚英明さん

「レアに仕上げるホタテのフライも自信作です」

とんかつ八千代の店舗情報

[住所]東京都江東区豊洲6-6-1 豊洲市場7街区 管理施設棟3F [TEL]03-6633-0333 [営業時間]5時ごろ~13時半LO※ランチタイム有 [休日]日・祝 [座席]全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし

電話番号 03-3547-6762
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
様々な個性派カツを見てきたが、それらの元祖ともいえるお店が浅草にある。1971年創業の『カツ吉』だ。
“味噌カツ”といえば、名古屋のあの味をイメージするだろう。でもここで出すのは全くの別物。
目から鱗が落ちた。とんかつの新味に気付かされた。2017年に惜しまれつつ閉店した割烹が昨年春に再始動。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
この本を閉じたら、ただちに向かった方がいい。なぜって?つい3ヶ月前にオープンしたばかりのこの店に長い行列ができる日がすぐにやってくるから。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル