MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!の画像をチェック! navigate_next

味噌ダレととんかつの バランスが重要ポイント

ガッツリ味噌づけがすべてじゃない!ホントの味噌かつ

名古屋めしの代表選手ともいうべき、味噌かつ。濃厚な味噌ダレがかかっているのは言うまでもない。が、これ見よがしにタレがかつ全体を覆っているものをたまに見かける。

ガッツリ味噌づけ系の味噌かつは、どうしても濃厚なタレの味が勝ってしまい、味の判別が難しい。タレはメインではなく、かつの美味しさを引き立てる、サブ役でなければならないと思うのだ。

今回、店を選ぶのに重要視したのは、タレとかつのバランス。厳選した3店の味噌かつを、とくとご覧あれ。
(取材・撮影/永谷正樹)


まずは、昨年1月、地下鉄名城線東別院駅近くにオープンした『㐂らくや』

㐂らくや(最寄駅:東別院駅)

▲熟成ひれかつ定食 1700円+味噌たれ 100円※夜は税別

名物の「熟成ひれかつ定食」(1700円)は、低温熟成させて旨みと柔らかさを増した愛知県産のあいぽーくを使用。ヒレ肉なのに肉の味がしっかりしていて、噛むごとに旨みが広がる。
巷のヒレかつとはまったく別物に思えるほど完成度が高かった。

別皿で出される「味噌たれ」(別途100円)は、付けすぎると、せっかくの旨みが負けてしまうので、かけすぎに注意。


[住所]愛知県名古屋市中区富士見町11-15 パールハイツくれない2階 
[TEL]052-322-8351 
[営業時間]11時~14時半(14時LO)、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 
[休日]火夜 
[席]計42席/11時~14時は全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場5台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄名城線東別院駅4番出口から徒歩3分

次は、地下鉄桜通線中村区役所駅から徒歩7分の『とんかつオゼキ本店』

とんかつオゼキ 本店(最寄駅:中村区役所駅)

▲味噌とんかつ定食 1700円

ここは、油で揚げず、厚さ約3㎝の鉄板で焼き上げる“焼きとんかつ”が名物。しっとりとした独特の食感があり、とくに「味噌とんかつ定食」(1700円)は、人気の一品。

このメニューの醍醐味は、焼き目が付いたパン粉の香ばしさと甘さ控えめの味噌ダレのマッチング。これが最高。三河や知多など地元産にこだわった豚肉の旨みも引き出されていて、ご飯もすすむ。


[住所]愛知県名古屋市中村区名楽町1-6 
[TEL]052-471-7474 
[営業時間]11時半~14時、16時半~21時※ランチタイム有 
[休日]水(祝の場合は営業) 
[席]計32席/全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場10台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄桜通線中村区役所駅1番出口から徒歩7分

とんかつそのものの美味しさが際立っていたのは、中村区の太閤通沿いにある『名代とんかつ 八千代 味清』

名代とんかつ 八千代 味清(最寄駅:中村公園駅)

▲ロースかつ定食(味噌) 1650円

常連客の多くが注文する「ロースかつ定食(味噌)」(1650円)は、分厚くカットしてあるにも関わらず、とても柔らかい。その上、衣も薄いので、濃厚な肉の旨みやほのかな脂の甘みがダイレクトに伝わってくる。

味噌ダレは、甘すぎず、辛すぎず、さっぱりとした口当たり。カツオダシも加えてあり、深みのある味わいがとんかつのクオリティをさらに高めている。
一見、シンプルに思える味噌かつだが、実は奥が深いのだ。


[住所]愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-9-1 
[TEL]052-412-0568 
[営業時間]11時~14時LO、17時~20時LO※ランチタイム有 
[休日]金、木夜 
[席]計46席/全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場14台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄東山線中村公園駅3番出口から徒歩10分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル