MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店

【焼き肉から和食まで 至高の銀シャリ】炊き込みご飯もいいけど、白いご飯も食べたい!王道の定食のみならず、白米が評判の店を聞けば、ジャンルを問わず大調査。結果、焼き肉店まで範囲が拡大。お供も美味しい、最高の環境で白米を食べられる名店をお届けします。

perm_media 《画像ギャラリー》最高の環境で「白米」を食べられる!東京都内の名店 5店の画像をチェック! navigate_next

焼肉ホルモン 青一(最寄駅:青山一丁目駅)

西日本随一の産地から直送 極上牛肉に負けない米の甘みと香り

土鍋ごはん3合 1944円
注文は2合(1296円)~。残ったら、チャンジャ、韓国海苔、昆布、梅のおにぎりにしてくれるので、家族へのお土産に

『焼肉ホルモン 青一』の、炭火の上でジュウジュウと音を立てる霜降り肉を、湯気の上がるご飯と共に頬張るド直球のウマさに悶絶必至!A5ランク黒毛和牛のメス牛のみを使用する実力店が追求したのは、焼肉とご飯のマッチングだ。米は力強い牛肉の風味に負けぬよう、甘みも香りも豊かなミルキークイーンをチョイス。魚沼と並び称される名産地、丹波篠山の農家から取り寄せ、専用の土鍋で炊いている。

ごはんのお供はコレ!

炙りロース 2700円

繊細な脂の甘みと濃厚な旨みに思わず唸る!
卵黄をたっぷり絡めてすき焼き風にしていただく


[住所]東京都港区南青山1-3-6 [TEL]03-6455-4129 [営業時間]11時半~14時(13時半LO※平日のみ)、17時~23時半(22時40分LO)、日・祝16時~22時半(21時40分LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]30席/全席喫煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし[交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅3番出口から徒歩3分

米食米酒 穂のか(最寄駅:武蔵小山駅)

米を"飲んで、喰らう"日本酒の〆に食すふっくら土鍋ご飯

土鍋ご飯 750円(1合)
玉子焼き、日替わりの小鉢1種、そして味噌汁とお新香も付く。最初のオーダー時のみ注文可

『米食米酒 穂のか』のつまみは刺身に、揚げ物や焼き物など多岐に渡るが、秀逸なのが約30種類にもおよぶ焼き味噌だ。それを舐めつつ酒盃を傾けた後の〆は、1合ずつ炊く土鍋ご飯。香り、粘り、甘みのバランスのとれた南会津産のひとめぼれを農家から取り寄せている。先ほどの焼き味噌をチョイとのせれば酒のアテがご飯のお供に早変わり。飲んで食べて、米の恩恵をしみじみ感じることだろう。

ごはんのお供はコレ!

卵黄の醤油漬けを炊きたてご飯にのせ贅沢なTKGに

ご飯のお供 各100円
鶏そぼろ、韓国海苔の佃煮、いくらおろしなど各種用意している


[住所]東京都品川区小山3-5-20 [TEL]03-3792-3232 [営業時間]18時~24時(23時LO)、日・祝18時~23時(22時LO) [休日]月、第2・4日 [席]15席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代600円別 [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅西口から徒歩3分

日本橋 米祥(最寄駅:三越前駅)

鍋、水、火加減にこだわり抜いた米の旨さに唸る!

花キラリ(手前) 1100円(1合)、朱鷺と暮らす郷(奥) 1000円(1合)
光沢のあるツヤ感が特長で、あっさりとした甘みがある

『日本橋 米祥』で、まず、使用する水は魚沼の超軟水。じっくり浸水してから炊飯専用のガス台の火にかける。丸みを帯びた土鍋の中心に、強火が当たることで対流が起こり、粒がふっくらとした最高の炊き上がりとなる。 熟練の料理長の手による、西京漬けや煮つけなど、築地から仕入れる新鮮な魚を使った一品料理も自慢で、ご飯のおかずはもちろん、酒のつまみにも打ってつけだ。

ごはんのお供はコレ!

旨みとコクが甘み豊かなご飯を引き立てる

いくら醤油漬け 900円
自家製の醤油ダレに漬け込んだ北海道産のイクラ


[住所]東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 3階 [TEL]03-6225-2424 [営業時間]11時~15時半(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]施設の休館日に準ずる [席]34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A6出口直結

AKOMEYA厨房(最寄駅:銀座一丁目駅)

毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット

ご飯は月替わりで、おかわりも可能。この日はふくよかな甘みの「夢つくし」

『AKOMEYA厨房』米を中心としたライフスタイルショップで、店内ではバイヤーが全国から厳選した、ご飯のお供や調味料、食器類を販売している。その一画にある飲食スペースで食べられる名物ランチが「小鉢膳」だ。彩り豊かな小鉢8種類に、その時々のオススメのブランド米を有田焼の土鍋で炊いたご飯が付く。米はショップでも小売りし、好みの分づきで精米してくれる。

ごはんのお供はコレ!

小鉢膳 2192円
お盆には旬の味わいあふれる色とりどりの小鉢が並ぶ


[住所]東京都中央区銀座2-2-6 [TEL]03-6758-0271 [営業時間]11時半~22時(フード21時LO、ドリンク21時半LO)※ランチタイムは11時半~14時LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]27席/全席禁煙/ディナーのみ予約可/カード可/サなし、ディナーのみお通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅4番出口から徒歩1分

米福(最寄駅:恵比寿駅)

天然水で芯までふっくらこだわりが詰まったご飯に圧倒!

萬古焼の土鍋で炊き上げたご飯は艶やかさが段違い! 常時5種類の米を用意する

『米福』では、手間と時間を惜しまず炊いた極め付きのご飯を味わえる。初めてならば、「おまかせコース」を注文したい。お造りに天ぷら、焼き魚など、旬の食材をふんだんに盛り込んだ多彩な料理が次々とやってきて、ご飯のおかずはもちろん、酒のつまみとしても愉しませてくれる。

ごはんのお供はコレ!

米福おまかせコース 5600円
トリュフ塩を添えた季節の天ぷら、鴨しゃぶ、肉料理など。焼き魚は写真のノドグロをはじめ3種類から選べる


[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-4-2 川田ビル地下1階 [TEL]03-6416-3855 [営業時間]17時~23時(土鍋ご飯は22時10分LO、一品料理・ドリンクは22時半LO) [休日]無休 [席]26席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%別、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩3分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル