MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』の画像をチェック! navigate_next

瞬彩 真(最寄駅:根津駅)

切な"瞬"間を"彩"り豊かに"真"心込めて

加えて女将は明るく働き者。それだけで通いたくなる。例えばダシは毎日丁寧に仕込むこと。魚の処理は調理に合わせて手間を惜しまないこと。「当たり前ですが基本を守らないと全ての味がダメになるので」。店主の言葉は控えめながら納得させられる。アラカルトもいいが、女将の実家の農家が作る富山米の土鍋ご飯コースならご覧の充実度。旬の刺身やおばんざいなど、じわっと旨さの幸福感が心を満たす。富山の酒屋直送の北陸の酒と楽しもう。

土鍋ごはんコース
5400円(前日までの要予約・内容は仕入れで変わる)

鰹と昆布の合わせダシで炊く桜鯛の土鍋ご飯。季節によって桜エビや鰻なども。通常のご飯は羽釜で炊く

先附(手づくり胡麻豆腐)、前菜(菜の花の昆布締め、ばい貝旨煮、たたみいわし、うるいのお浸し)、お口直し(ホタルイカとうどの辛子酢味噌がけ)
 

「手づくり胡麻豆腐」はコシが出るように30分ほど練り込んで仕上げた逸品。前菜も季節感あふれる

お造り盛り合わせ(本鮪、伊佐木、本みる貝、赤貝貝ひも、地蛸)、油物(地蛤と椎茸のはさみ揚げ、うどと菜の花の天ぷら)、焼物(鰆の西京焼き、筍の醤油焼き)
 

築地で仕入れる旬の魚の刺身や風味豊かな西京焼き、趣向を凝らした天ぷらは目にも口にも楽しい

お店からの一言

女将 真梨さん

「故郷の富山の酒屋から仕入れる日本酒はレア物もあります」

瞬彩 真の店舗情報

[住所]東京都台東区谷中1-3-4 [TEL]03-5834-8070 [営業時間]11時半~14時、17時半~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]全18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜はお通し500円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-5834-8070
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル