MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
サバ料理専門店で提供されるありそうでなかった鍋料理|SABAR(とろさば料理/新橋)

サバ料理専門店で提供されるありそうでなかった鍋料理|SABAR(とろさば料理/新橋)

とろさば料理専門店「SABAR東京銀座店」で提供しているのは、5種類の「さばスープ鍋」だ。鍋以外にも、とろさばメニューを38品用意。脂がノリにのったとろさば料理38品で世界旅行気分に浸る[交]JR山手線ほか新橋駅5番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

SABAR 東京銀座店(最寄駅:新橋駅)

 大阪・京都で5店舗展開する、とろさば料理専門店『SABAR』が、東京に進出。2015年12月にオープンした「東京銀座店」で提供しているのは、5種類の「さばスープ鍋」だ。

 サバ節のダシをベースに、キャベツや白菜、セロリにバジルなど38種類の野菜からとったダシをブレンドしたスープは、香り豊かで優しい味。

 それにくぐらせて食べるのは、八戸前沖と三陸沖の漁場から仕入れた「とろさば」。魚体が550g以上かつ、脂質の含有量が21%以上でなければならないエリートサバ。鍋以外にも、とろさばメニューを38品用意。アジア、ヨーロッパ、アフリカといった世界各国の料理に仕立てている。栄養素が豊富なサバスープととろさば料理の“サッバリ”した食で、年始の宴会で疲れた体をいたわろう。

とろさば しゃぶしゃぶ鍋
1人前 1706円

ベーシックな味で、スープの美味しさを味わいたい方にオススメ。薄く切られた“しゃぶ野菜”をサバでくるむのがミソ。薬味のもみじおろしもぜひ。

とろさば すき焼き鍋
1人前 2138円

甘めの割下と卵が入った器につけていただく。野菜に豆苗が入るのも特徴。サバから抽出した「鯖オイル」を足せば、より濃厚な味に仕上がる。

とろさば 博多モツ鍋風
1人前 2138円

写真の塩味か白味噌味が選べる。塩はスープとにんにくが絶妙に合い、鷹の爪がピリッときく。白味噌は、こってりで濃い目の味付け。

とろさば タイしゃぶ鍋
1人前 2138円

にんにくとパクチーが入るエスニック風。ジワッと辛いスイートチリ(ヌクマム)と、スープで伸ばすゴマダレにつける。いずれもサバと好相性。

SABAR 東京銀座店

[住所]東京都中央区銀座8-3-1 B1
[電話]☎03-6264-5638 
[営業時間]11時38分〜14時(13時38LO)、17時〜23時38分(22時38分LO) 
[休日]不定休あり
[アクセス]JR山手線ほか新橋駅5番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6264-5638
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt