MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
開店同時に殺到、お得すぎる「ばらちらし」!銀座『ぎんざ 鮨一代 有吾』

開店同時に殺到、お得すぎる「ばらちらし」!銀座『ぎんざ 鮨一代 有吾』

色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!

perm_media 《画像ギャラリー》開店同時に殺到、お得すぎる「ばらちらし」!銀座『ぎんざ 鮨一代 有吾』の画像をチェック! navigate_next

ぎんざ 鮨一代 有吾(最寄駅:銀座駅)

食材が織りなす多彩な味わいこれぞ究極のばらちらし

夜は寿司とつまみと酒で、ひとり1万5千円前後という高級店だが、ランチは手頃なメニューを揃えている。ばらちらしのネタは、生姜をほんのり利かせた醤油ダレに軽く漬け、しっかり味を含ませている。それを酢飯が見えなくなるほど、たっぷりと盛りつけ、最後に玉子焼きやキュウリ、イクラの醤油漬けを散らせば完成だ。

それぞれのネタからあふれる旨みに、玉子の甘み、キュウリの瑞々しい食感、そして赤酢ブレンドのさっぱりしつつもコクのあるシャリが、完璧なバランスで成り立っている。昼の口開けと同時に客が押し寄せる人気も、これを食べれば納得だ。

ばらちらし
1100円

ばらちらし専用に調合された醤油ダレは、酒や味醂でほんのり甘みをもたせ、シャリとの馴染みを良くしている。マグロやサバ、ゲソ、赤貝のヒモ、小肌など日替わりで10種類ほどの新鮮なネタを使用。ご飯大盛りとお椀のおかわり可

越乃景虎超辛口本醸造、作玄乃智
 

冷酒は冷やした竹筒で供され、味わいも増す

にぎり1.5人前
1600円

マグロ3種に、ヒラメやワラサなど11貫と巻物がのる。店で炊いたかんぴょうの旨さにも注目を!

お店からの一言

店主 阿部有吾さん

「ランチは出血大サービスです!」

ぎんざ 鮨一代 有吾の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座3-13-4 [TEL]03-3546-1869 [営業時間]12時~14時、18時~22時(予約状況により変動あり)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]計18席/全席禁煙/昼は不可、夜は予約が望ましい/夜のみカード可 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-3546-1869
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル