MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。

なつかしゃ家

完全予約制の伝統料理を趣きある古民家で味わう

コースの口開けに運ばれてくるのが、旬の島食材を使った色とりどりの料理を乗せた竹ざるだ。近海で水揚げされた天然伊勢海老の蒸し物や、トビンニャ(マガキ貝)の海水茹で、島野菜の豚味噌炒めなど、素材の滋味あふれる料理の味わいを、すっきりと透明感のある「れんと」が引き立たせる。古民家を改築した風情ある個室で、心づくしの伝統料理をつまみつつ、ゆったり酒盃を傾けたい。

コース
5000円

内容は季節や仕入で異なるが、この日は島らっきょうの塩昆布和え、天然もずく寄せ、島サザエの蒸しものなど。素朴な味わいがうれしい

ハンダマご飯
 

地元野菜の“ハンダマ”の茹で汁で炊いたご飯の色合いが美しい。梅干しやシラスの佃煮を混ぜて味わいと食感をアップ

車海老のほやほや
 

マングローブ原生林で有名な住用地区に伝わる郷土料理で、車海老(季節によりカニを使用)をすり潰したお吸い物。旨み濃厚で黒糖焼酎とも相性抜群

お店からの一言

店主 恵上イサ子さん

「全席個室なので、ゆっくりしていって!」

なつかしゃ家の店舗情報

[住所]鹿児島県奄美市名瀬柳町11-26 [TEL]090-5292-6123 [営業時間]18時~22時頃 [休日]不定休 [席]全50席/全席禁煙/前日までに要予約/カード不可/サ・お通し代なし

電話番号 090-5292-6123
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
227views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt