MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。

なつかしゃ家

完全予約制の伝統料理を趣きある古民家で味わう

コースの口開けに運ばれてくるのが、旬の島食材を使った色とりどりの料理を乗せた竹ざるだ。近海で水揚げされた天然伊勢海老の蒸し物や、トビンニャ(マガキ貝)の海水茹で、島野菜の豚味噌炒めなど、素材の滋味あふれる料理の味わいを、すっきりと透明感のある「れんと」が引き立たせる。古民家を改築した風情ある個室で、心づくしの伝統料理をつまみつつ、ゆったり酒盃を傾けたい。

コース
5000円

内容は季節や仕入で異なるが、この日は島らっきょうの塩昆布和え、天然もずく寄せ、島サザエの蒸しものなど。素朴な味わいがうれしい

ハンダマご飯
 

地元野菜の“ハンダマ”の茹で汁で炊いたご飯の色合いが美しい。梅干しやシラスの佃煮を混ぜて味わいと食感をアップ

車海老のほやほや
 

マングローブ原生林で有名な住用地区に伝わる郷土料理で、車海老(季節によりカニを使用)をすり潰したお吸い物。旨み濃厚で黒糖焼酎とも相性抜群

お店からの一言

店主 恵上イサ子さん

「全席個室なので、ゆっくりしていって!」

なつかしゃ家の店舗情報

[住所]鹿児島県奄美市名瀬柳町11-26 [TEL]090-5292-6123 [営業時間]18時~22時頃 [休日]不定休 [席]全50席/全席禁煙/前日までに要予約/カード不可/サ・お通し代なし

電話番号 090-5292-6123
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt