MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
北千住の日本料理『下町割烹 とめだて』

北千住の日本料理『下町割烹 とめだて』

店主の小池忠さんが店名に下町割烹と付けたのは「親しみやすい店にしたかった」から。飲み屋街が広がる北千住でも静かな西側エリアにあり、気取らず、真摯に料理と向き合う姿勢が清々しい。

perm_media 《画像ギャラリー》北千住の日本料理『下町割烹 とめだて』の画像をチェック! navigate_next

下町割烹 とめだて(最寄駅:北千住駅)

この価格でこの品数あっぱれな下町の心意気

コースの内容は月替わり。「初めて食べたよ、美味しいね。そう言って下さるお客様を喜ばせたくて」と言う。ありきたりな料理にならないよう、毎月できるだけ知恵を絞って工夫を凝らす。取材時のメニューでは、若竹椀がまず「おっ」と思わせる。筍とわかめが甘く優しいあさりのダシに包まれているからだ。名物となりつつある「芋饅頭カレー餡」もユニーク。中から角煮が飛び出すサプライズはコースのクライマックス。油淋鶏をイメージした唐揚げ+ネギソースなど、肉料理が挟まるためボリュームも十分。充実したワインや日本酒と共に味わいたい。

コース(鮭ハラスご飯、漬物)
4536円

焼いた鮭のハラスをたっぷりのせて。これはご飯がすすむ

苺アイス
 

自家製のアイスクリームは季節のフルーツで作る

蛍烏賊とホワイトアスパラのバター醤油炒め
 

バター醤油が日本酒を誘う洋風の一品

若竹椀
 

お椀にあさりダシを使うアイデアも秀逸

芋饅頭カレー餡
 

ほんのりカレーの香りがするあんと芋饅頭の甘さがほどよい塩梅

筑波鶏の唐揚げサラダ仕立て
 

ボリュームのある肉料理を挟むことでがっつり食べたい人も満足度が高い

海老蕪巻き

甘酢の蕪でエビをくるりと巻いたさっぱりした味わい

浅利の山葵おろし和え

むき身のあさりをわさびおろしで和えた突き出しは日本酒が飲みたくなる

お刺身盛り合わせ

近くの足立市場から仕入れる魚もいいものが揃う。この日はクロムツ、真鯛、ホタテ

下町割烹 とめだての店舗情報

[住所]東京都足立区千住旭町1-22 [TEL]03-3888-7710 [営業時間]18時~23時(22時LO) [休日]月、第3火 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代758円別/[交通アクセス]JR常磐線ほか北千住駅東口から徒歩6分

電話番号 03-3888-7710
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル