MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
銀座の日本料理『しらたまや』

銀座の日本料理『しらたまや』

歌舞伎と着物を愛する女将が2017年に開いた小さな和食店。銀座の古いビルの地下2階という隠れ家で、カウンターもテーブルも小上がりの畳敷きという寛ぎの場だ。

perm_media 《画像ギャラリー》銀座の日本料理『しらたまや』の画像をチェック! navigate_next

しらたまや(最寄駅:銀座駅)

歌舞伎ファンが集う日本酒充実の銀座の新名所

店主の栗原さんが、歌舞伎の後に寄れる場所を作りたいと思ったのがオープンのきっかけ。そんなわけで開店は歌舞伎の昼の部が終わる午後3時半から。噂を聞きつけて早くも多くの歌舞伎ファンが訪れている。 料理上手な母に料理を習い、蕎麦と料理の店で学んだという栗原さん。その料理は優しい味わいで、地元埼玉の農家から届く野菜の自然な美味しさを生かしている。女将が選んだ、食事に合う日本酒と2000円以下からあるつまみコースでの二軒目利用も気安いが、何よりうれしいのは3000円台で満足できるコースがあること。銀座では希少な一軒といえる。

食事コース(季節の炊き込みご飯、漬物、フルーツ)
3600円

旬のあさりの炊き込みご飯。生姜の代わりに山椒をきかせたところも気が利いている。埼玉の地野菜、しゃくし菜の漬物を添えて

新じゃがと野菜の煮物

大ぶりにカットした新じゃが、鶏肉、ごぼう、椎茸などを野菜の水分だけで蒸し煮に。野菜の滋味がたっぷり味わえる

かき菜のお浸し

北関東の地野菜といわれるかき菜は、ほろ苦さと緑の香りがいい

桜海老の茶碗蒸し

季節ごとに具が変わる茶碗蒸し。この日は釜揚げの桜エビを散らし、中にはエビのダシがたっぷり

ホタルイカとあさつきの焼き物

ごま油で焼いたホタルイカからは肝が滲み出て、ソースのようにアサツキに絡まって美味しい。お燗向きから冷酒まで厳選した日本酒と一緒に味わいたい

しらたまやの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル地下2階 [TEL]050-5243-4420 [営業時間]15時半~23時(22時半LO) [休日]月、火(月が祝日の際は火、水) [席]カウンターあり、全12席/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

電話番号 050-5243-4420
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル