MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。

perm_media 《画像ギャラリー》銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』の画像をチェック! navigate_next

ぎんざ一二岐(最寄駅:東銀座駅)

料理から接客まで文句なしの名店

なればこそ客はリラックスして存分に食を楽しめるというもの。さてコースの目玉はいくつかあるが、名物の鰹の藁焼きは外せない逸品だろう。天日干しにした手刈りの藁で豪快に炙って香りをまとわせた塩たたきで、その芳しき風味と旨みの何と奥深いこと。さらに〆の土鍋ご飯がこれまた圧巻だ。まずは芯が残る米のアルデンテ、蒸らす前、後、お焦げと4段階を食べ比べれば目からウロコの感動が。米の底知れぬ美味しさにひれ伏すはず。

コース
【強肴】鰹のわら焼き
5400円(全7品)

高知から毎日届く鰹を使う。手刈りで天日干しにした藁で炙ると香りが違うとか

【先付】揚げ胡麻豆腐
 

外はカリッと中は白子のような食感

【お椀】鰆と新玉ネギのしんじょう
 

鰆とピューレ状にした新玉ネギで作るしんじょう

【揚げ物】桜エビとふきのとうのかき揚げ、白魚とうすい豆のかき揚げ
 

サクッと揚がったかき揚げは緑茶塩で

【煮物】金目鯛と筍生ワカメの炊き合わせ
 

金目鯛の骨から取ったダシが上品

【食事】土鍋ご飯
 

米は甘みと旨みがある北海道の「ゆめぴりか」。蒸らす前と後など4段階で味の違いを楽しませてくれる。魚のダシを使った玉子焼きやちりめん山椒なども付く

【甘味】酒粕のアイス
 

酒粕の香りがいい

お店からの一言

料理長 中井隆裕さん

「肩ひじ張らず楽しんでもらえるよう心掛けています」

ぎんざ一二岐の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座2-14-6 第二松岡ビル地下1階 [TEL]03-6278-8110 [営業時間]11時半~14時半(12時半LO)、18時~22時半(20時LO)※ランチタイム有 [休日]日(月が祝の場合、日月が連休) [席]カウンター7席、個室テーブル6名×1室、4名×1室、計17席/全席禁煙(夜は個室のみ喫煙可)/予約可/カード可/夜のみサ10% [交通アクセス]都営浅草線ほか東銀座駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-6278-8110
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
大阪や兵庫、銀座で板前として学んできた店主の星乃さん。11年前、四つ木で半世紀続く実父の和食屋を引き継いだ。
コロッケが旨い店はいい店だと勝手に確信しているのだが、北海道料理で知られるこの店のそれも定番の名物らしい。早速味わってみると想像の上の上を行く旨さに驚いた。
炭火が目を引く大きな囲炉裏。それをぐるりと囲むように配されたカウンターは予約必須の特等席だ。
店主の近藤喜一さんは、昭和7年創業の老舗豆腐店『ゑん重』の三代目。「本物の豆腐の美味しさを、料理を通して伝えたい」と、家業の傍らで“豆腐創作料理”の店を始めた。
料理が旨い店は山ほどある。けれどこの店でなければと思わせるのは意外と少ない。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル