MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。

ぎんざ一二岐(最寄駅:東銀座駅)

料理から接客まで文句なしの名店

なればこそ客はリラックスして存分に食を楽しめるというもの。さてコースの目玉はいくつかあるが、名物の鰹の藁焼きは外せない逸品だろう。天日干しにした手刈りの藁で豪快に炙って香りをまとわせた塩たたきで、その芳しき風味と旨みの何と奥深いこと。さらに〆の土鍋ご飯がこれまた圧巻だ。まずは芯が残る米のアルデンテ、蒸らす前、後、お焦げと4段階を食べ比べれば目からウロコの感動が。米の底知れぬ美味しさにひれ伏すはず。

コース
【強肴】鰹のわら焼き
5400円(全7品)

高知から毎日届く鰹を使う。手刈りで天日干しにした藁で炙ると香りが違うとか

【先付】揚げ胡麻豆腐
 

外はカリッと中は白子のような食感

【お椀】鰆と新玉ネギのしんじょう
 

鰆とピューレ状にした新玉ネギで作るしんじょう

【揚げ物】桜エビとふきのとうのかき揚げ、白魚とうすい豆のかき揚げ
 

サクッと揚がったかき揚げは緑茶塩で

【煮物】金目鯛と筍生ワカメの炊き合わせ
 

金目鯛の骨から取ったダシが上品

【食事】土鍋ご飯
 

米は甘みと旨みがある北海道の「ゆめぴりか」。蒸らす前と後など4段階で味の違いを楽しませてくれる。魚のダシを使った玉子焼きやちりめん山椒なども付く

【甘味】酒粕のアイス
 

酒粕の香りがいい

お店からの一言

料理長 中井隆裕さん

「肩ひじ張らず楽しんでもらえるよう心掛けています」

ぎんざ一二岐の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座2-14-6 第二松岡ビル地下1階 [TEL]03-6278-8110 [営業時間]11時半~14時半(12時半LO)、18時~22時半(20時LO)※ランチタイム有 [休日]日(月が祝の場合、日月が連休) [席]カウンター7席、個室テーブル6名×1室、4名×1室、計17席/全席禁煙(夜は個室のみ喫煙可)/予約可/カード可/夜のみサ10% [交通アクセス]都営浅草線ほか東銀座駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-6278-8110
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt