MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(64) 肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼

名古屋エリア限定グルメ情報(64) 肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼

以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(64) 肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼の画像をチェック! navigate_next

肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼


以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。

ここ2、3年で名古屋の飲食店が台北に数多く出店しているのをこの目で確かめるのが旅の目的だった。


台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。

台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている。

↑『鶏三和 微風台北駅店』



名古屋エリアで『鶏三和』の親子丼が食べられるのは、これまでデパ地下にある店舗の小さなイートインスペースやショッピングモールのフードコート等がメインだった。

が、2018年7月、名古屋・栄の地下街「サカエチカ」にレストラン業態の店舗が中部地区で初めてオープンした。


ではさっそく、看板メニューの「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」(1080円)を作ってもらうことに。

ちなみに、この親子丼はコーチンの肉だけでなく、コーチンの卵も使用した、究極の親子丼だ。



特製の割り下にコーチンの肉を入れて加熱し、肉に火が通ったところで溶き卵を流し入れる。

ここからは秒単位の作業。

『まばたき厳禁』で、親子丼の完成プロセスを見守った。



親子丼は卵のとろみ加減が命。

とろとろ、ふわふわの食感にこだわり抜き、絶妙なタイミングでご飯にオン。

うわーっ!

う、旨そう!


これが「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」。

鶏の旨みがしっかりと溶け込んだ「つくねコラーゲンスープ」と、口直しの「梅干し」(または「コーチン入り鶏肉だんご」)が付く。


丼ものの美味しさは、ご飯と具材の一体感がすべて。

親子丼の場合、ご飯と具材をつなぐ丼つゆの味付けと、やはり卵のとろみ加減だ。

レンゲでコーチンと卵、ご飯をすくって頬張る。

おおっ!

濃厚な味わいはさすがにコーチン。

しかも、ご飯のひと粒ひと粒にまでコーチンの旨みが染み込んでいるではないか!


店のもう一つの名物は、「しお麹唐揚」(左)と「しょうゆ麹唐揚」(右)。

この2種類の唐揚と「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」のセット「唐揚味くらべセット」(1350円)も用意している。

その名の通り、しお麹としょうゆ麹で仕上げた唐揚の、味の違いを楽しもう。


こちらは、鶏むね肉を使った鶏かつをのせた「鶏かつ丼」(880円※昼は780円)。

親子丼と同様に、とろとろ、ふわふわの卵が鶏かつをコーティング。

むね肉もしっとりとした食感も◎。

ボリュームがあるのにさっぱりとしているので、女性に人気というのも納得だ。

これも「つくねコラーゲンスープ」と「梅干し」(または「コーチン入り鶏肉だんご」)が付く。


私自身、これまで「サカエチカ」で食事することはほとんどなかったが、ぜひ、また立ち寄りたいと思った。

鶏三和サカエチカ店
[住所]愛知県名古屋市中区栄3-4-6先北26号
[TEL]052-253-6700
[営業時間]10時~21時(20時45分L.O.)
[定休日]無休










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連するキーワード
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル