MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
胡桃堂喫茶店(珈琲店/国分寺)

胡桃堂喫茶店(珈琲店/国分寺)

明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。

perm_media 《画像ギャラリー》胡桃堂喫茶店(珈琲店/国分寺)の画像をチェック! navigate_next

胡桃堂喫茶店(最寄駅:国分寺駅)

コーヒーと共に豊かで文化的なひとときを提供したいという店主の思いからだ。「私達も同じ気持ちでやっています」。そう話してくれたのは店長の吉間久雄さん。使う豆は札幌の「菊地珈琲」のもの。浅・中・深煎りの3種類が揃うが、いずれもダブル焙煎がなされている。ダブル焙煎とは、焙煎の途中で一度釜揚げし、冷ましてから再び焙煎する方法。豆が持つ香りや風味を充分に引き出せるのだという。確かに、頂いた「浅煎り珈琲」は酸味にも奥行きがあって、味わい深い。きび砂糖を少し加えれば、フルーティさも感じられた。「酸味と甘みは相性がいいんです。 シベリアやタルトともぜひ」と吉間さん。
 読書する人の姿が目立つ店内。 実はここは「胡桃堂書店」でもあるのだ。古書から新刊まで、絵本、小説、写真集など、本棚には元書店員のスタッフらが選んだ約1000冊が収められている。席で自由に読み、 購入のも可能だ。

浅煎り珈琲、胡桃堂のおやき
680円、2種 600円(単品 350円 )

自家製のおやきなど軽食もある

深煎りアイス珈琲
680円

アイスコーヒーは水出し。重みとすっきりとした後味のバランスが絶妙

ホットカフェオレ、胡桃堂のシベリア
750円、500円

酸味が引き立つカフェオレ。シベリアは、特製カステラに自家製のあんと生クリームをサンド

ブレンド浅煎り・中煎り・深煎り各100g/600円

お店からの一言

店長 吉間久雄さん

「300円引きでおかわりもできます」

胡桃堂喫茶店の店舗情報

[住所]東京都国分寺市本町2-17-3 [TEL]042-401-0433 [営業時間]日・月11時~18時、火・水・金・土11時~21時 ※ランチタイム有 [休日]木 [席]カウンターあり、全47席/全席禁煙/平日のみ予約可/カード不可 [交通アクセス]JR中央線国分寺駅北口から徒歩6分 ※テイクアウト可


電話番号 042-401-0433

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル