MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
レット イット ビー コーヒー(珈琲店/二子玉川)

レット イット ビー コーヒー(珈琲店/二子玉川)

この店があるのは、まだのどかな雰囲気が残る二子玉川商店街。店主の宮崎哲夫さん・モトコさん夫妻は二子玉川のスターバックスコーヒー、清澄白川のブルーボトルジャパンで立ち上げスタッフを経験したのち独立、コーヒーの移動販売も経て店を開いた。

perm_media 《画像ギャラリー》レット イット ビー コーヒー(珈琲店/二子玉川)の画像をチェック! navigate_next

レット イット ビー コーヒー(最寄駅:二子玉川駅)

「ここは私たちにとって馴染み深いエリア。まだ開店したばかりですが、地域に根付いたお店をやっていきたい」と哲夫さん。その横で、モトコさんがコーヒーを淹れながら「ブレンドは、蔵前の「コーヒーライツ」が当店のために作ってくれたもので他にはない味わいです」と教えてくれた。柑橘のような果実味が口に広がり、後からほのかな甘みが感じられる。ラテに仕立ててもなお感じる爽やかさは、人気の「あんバターサンド」との相性も抜群だ。
 コーヒーはほかに、大阪・西心斎橋の「リロコーヒーロースターズ」から仕入れたシングルオリジン2種。ふたりがこれまで培った知識と経験を活かして淹れるコーヒーと心地良い接客を求め、地元はもちろん、遠方からも続々とお客さんが訪れる。今後も楽しみな一軒だ。

カフェラテ、あんバターサンド
500円、500円

代々木上原「カタネベーカリー」のパンと、甘さ控えめのあん、バターのコクがマッチした「あんバターサンド」はぜひラテと

ドリップ(シングルオリジンエチオピア)
530円

リピーターも多いメニュー。カップは益子の遠藤太郎さん作

エスプレッソトニック
600円

シュワシュワで爽やかな夏の一杯 

レットイットビーオリジナルブレンド100g/850円、シングルオリジン(エチオピア、ブラジル)各100g/950円

お店からの一言

店主 宮崎哲夫さん、モトコさん夫妻

「コーヒーを通して街と人を繋ぎたい」

レット イット ビー コーヒーの店舗情報

[住所]東京都世田谷区玉川3-23-25 ビーンズ二子玉川102 [TEL]なし [営業時間]11時~20時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全15席/全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]東急田園都市線・大井町線二子玉川駅西口から徒歩5分 ※テイクアウト可


電話番号 なし

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル