MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カフェ ジャン(カフェ/元町・中華街)

カフェ ジャン(カフェ/元町・中華街)

 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

カフェ ジャン(最寄駅:元町・中華街駅)

疑ってごめんなさい!」。その味わいはまるでクレームブリュレ。スプーンですくって夢中で飲んで(食べて)しまった。ベトナム発“エッグコーヒー”の老舗が、70年以上門外不出だったレシピを初めて伝授。卵黄と砂糖に秘伝の材料を加えたエッグクリームは、コク深くも後味軽やか。自家焙煎・深煎りのベトナム産コーヒーと絶妙なバランスを奏でる。新ドリンク(スイーツ)として要注目です!

エッグコーヒー ホット
480円

よく混ぜ、スプーンですくって食べる

エッグビール
680円

エッグクリーム&ビールの意外な組み合わせだが、マイルドな味わいがクセになる

バインミー
520円

カフェ ジャンの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町78-3 
[TEL]045-663-9856 [営業時間]9時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口より徒歩2分


電話番号 045-663-9856

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
幸せを分かち合う “お福分けのこころ”というコンセプトを通し、全国から吟味された茶葉を使ったお茶ドリンクが楽しめる。抹茶は、鹿児島や京都・宇治以外にも名産地があることを伝えたいと、福岡の八女茶が選ばれた。
最新記事
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
店主は、大行列のつけめん専門店『六厘舎』を長きにわたって支えた功労者。2016年に埼玉県三郷市で開業した店舗を北千住に移し、自慢のつけめんをさらにブラッシュアップさせた。
丼の中に佇むのは、麺とスープ、そしてネギ。いたってシンプルな構成ながら、そこにはこだわり抜き、手間暇かけて作り上げたという自信が潜む。潔き“素ラーメン”こそ、ラーメンの美味しさを堪能させる究極のスタイルなのだ!
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル