MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
茅場町ビヤホール&カフェ  ヨッシーズ(パブ/茅場町)

茅場町ビヤホール&カフェ ヨッシーズ(パブ/茅場町)

黄金色の美しい液体にソフトな泡。呑むと、グビグビ……プハーッ! ああ、なんて美味しい生ビール!! と感動しきりのビヤホールがこちら。

perm_media 《画像ギャラリー》茅場町ビヤホール&カフェ ヨッシーズ(パブ/茅場町)の画像をチェック! navigate_next

茅場町ビヤホール&カフェ ヨッシーズ(最寄駅:茅場町駅)

名店『銀座ライオン』出身の夫婦が2015年11月に開いた店で、サッポロ黒ラベルなど定番は3種類、もう1種類は樽替わり。ビールを樽ごと24時間以上冷蔵ケースで冷やし、ライオンゆずりの一度注ぎ、最適なビヤグラスを使用と、旨い一杯にかける情熱が素晴らしい。唐揚げはもちろん、煮込みやウィンナーなど、ビール好きが喜ぶメニューも満載だ。

サッポロ黒ラベル樽生 ラージ(650ml)、白穂乃香 オリジナルグラス(350ml)、エーデルピルス樽生 オリジナルグラス(380ml)
880円、650円、600円

サッポロ黒ラベルはドイツ製特製グラスで提供。白穂乃香の他、琥珀ヱビス樽生ビール、ヱビス マイスターが樽替わりで登場。エーデルピルスはスフレ泡が見事

ヨッシーズ名物 チキンバスケット(5個)
580円

外はサクサク、中はジューシー! 定番メニューのチキンバスケット (5個)580円 (2個)380円

茨城県産美明豚のトンテキ ガーリックバター醤油ソース
880円

ビールとの相性も抜群! 人気メニューの茨城県産美明豚(びめいとん)のトンテキ ガーリックバター醤油ソース 880円。入荷によっては、ない日もあり

定番メニュー ポテトサラダ
450円

自家製のポテトサラダ450円(ハーフサイズ)380円

ホワイトアスパラガスのビヤフリッター
400円

季節によりズッキーニや加賀蓮根などに変更

お店からの一言

店主 吉永秀之さん、
奥様 吉永裕美さん

「旨い生ビールと裕美ちゃんの手料理で癒やされてください」

茅場町ビヤホール&カフェ ヨッシーズの店舗情報

[住所]東京都中央区新川1-4-11高野ビル1階 [TEL]電話での対応は休止中 [営業時間]17時~23時(フード22時15分LO、ドリンク22時半LO/入店は~22時まで) [休日]月・他不定休 [席]カウンター席あり、全22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし/2ドリンク・1フード以上のオーダーでチャージ無料 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅1番出口から徒歩3分

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「ビアバーというと洋食を出す店が多いですが、うちは国産クラフトビールを扱っているので、もっと身近な料理にしたかった」と田村さん。秋田出身ということもあり、メニューにはとんぶりと和えたサーモンをはじめ、山菜や漬物、野菜など地元産のものもラインナップ。
徹底管理のドラフトが自慢のビアホール。華やかな香りと甘み、後味に訪れるコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、計8種類を置いている。
タップが5つ。黒板に書かれた、その時々、セレクトされた樽生国産クラフトビール(一杯900円位~)が居心地のいい空間でのんびり楽しめる。
 3フロアで展開するクラフトビアバー&ボトルショップ。1階はクラフトビールの生8種類を立ち飲み&テーブルで、2階では国内外800種類以上のボトルを販売。
クラフトビール好きなら、カウンター奥のタップ数を見た瞬間にいい店だと感じるだろう。こちらは国産のクラフトビール17種類を生で提供。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル