MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
クレアトゥール(ビストロ/神楽坂)

クレアトゥール(ビストロ/神楽坂)

雰囲気はカジュアルなビストロ、しかし確かな食材を使った料理はレストランにも引けを取らない。次々と運ばれてくる洗練されたひと皿に、オーナーシェフ・吉田さんのそんなポリシーが現れている。

クレアトゥール(最寄駅:飯田橋駅)

涼やかな風が吹くテラスで過ごすオトナの夜更け

神楽坂界隈に3軒の姉妹店を持ち、6月にこの新店をオープンさせた。旬の食材を使用した季節感あふれる料理は、どれもワインとの相性がとにかく抜群。ソムリエでもある吉田さんは、料理ごとのペアリングを楽しんでほしいと、グラスでも赤・白・泡を合わせて15種類ほど用意している。カウンター席でライブ感あふれる調理風景を眺めつつ食事するのもいいが、テラスに設えたソファ席で夜風を感じながらグラスを傾けるのも。深夜まで営業しており2軒目、3軒目として訪れ、軽いつまみとワインで帰宅前のひと時をゆったり過ごすにもピッタリだ。

黒トリュフのリゾット
1814円

濃厚でクリーミーなリゾットにたっぷりの黒トリュフをあしらい、ひと口目から深い香りが鼻腔を包み込む

富山産岩牡蠣の炙り・生海苔と北海道産ウニ添え、富山産岩牡蠣レモン添え
626円、486円

グランオイスターマイスターの有資格者が、季節ごとに全国の産地から厳選した生牡蠣を置いている。この日は磯の風味たっぷりの富山産岩牡蠣を生と炙りの2種類の味で

フォアグラと地鶏レバーのペーストと甘夏のマーマレード
842円

まったりしたコクを甘夏の爽やかな香りが引き立てる。スパイスとハチミツを練り込んだ自家製パンも相性抜群だ

北海道産ウニとイクラ、帆立貝のプリン
1058円(写真はハーフサイズ)

ホタテのダシを煮詰めて旨みたっぷり。なめらかな口どけもたまらない。暑いこの季節にはすっきりとした白ワインと合わせたい

お店からの一言

オーナーシェフ 吉田正也さん

「ガッツリ食事もワインだけでも気軽に楽しんで!」

クレアトゥールの店舗情報

[住所]東京都新宿区袋町2 杵屋ビル301 [TEL]03-6228-1051 [営業時間]18時~翌2時(フード翌1時、ドリンク翌1時半LO) [休日]日曜日、月曜日 [座席]カウンターあり、店内20席、テラス12席、全32席/テラス席は喫煙可/予約可/カード可/サなし、コペルト378円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分


電話番号 03-6228-1051

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt