MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。

『豆たぬき』の、お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」


うなぎ料理、と聞いて何を想像するだろうか?

うな丼やうな重? 

それとも、ひつまぶし?


名古屋臨海高速鉄道あおなみ線小本駅の近くにある和食店『豆たぬき』。

冬はふぐが、夏はうなぎがリーズナブルに楽しめる穴場店である。


「うな丼」は1980円~、「ひつまぶし」は2280円~と、まるでひと昔前の値段。

毎年のように値上げが続くなかで、なぜ、そこまで安くできるのか。


「うなぎは丼や重箱に丸ごと1本がちょうどのるくらいのサイズが人気なんです。
私が仕入れているのは、それよりも大きい、いわば規格外のうなぎ。
市場ではあまり売れないから、割安で仕入れることができるんです」と、店主の鈴木貴志さん。


大ぶりなうなぎは、身も皮もかたくて、脂が多くてしつこいというネガティブなイメージがある。

しかし、鈴木さんはこれまで培った和食の技術で大サイズのうなぎの弱点をカバーしている。


「まず、うなぎをさばいたら、一晩寝かせます。
翌日、白焼きにするのですが、たれを塗って焼き上げる前にアルミホイルに包んで約30分蒸すんです。
すると、余分な脂が落ちて、身もやわらかくなるんです」


これは「ひつまぶし(特上)」(3900円)。

実際に食べてみると、身はやわらかくて皮はパリッとしている。

肉厚なので、しっかりとうなぎを食べた気分になる。

それにしても……「関東風うなぎ」のように蒸しているとは思えない。


「蒸し器で蒸しているわけではありませんから。
アルミホイルに包んで30分、というのがポイントなんです。
いわば、関東風と関西風のハイブリッドですね」(鈴木さん)


さて、今回はここからが本題。

『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。

それが「うなぎの炊き込みご飯」(2700円)だ。


なにはともあれ、まずは食べてみよう。


うわぁっ! 

土鍋の蓋を開けると、食欲をそそられる香りが、湯気とともに立ち上る。

しゃもじで茶碗によそってひと口……。

うっ、旨いっ! 

お米の一粒一粒にだしがしっかりと染み込んでいる! 

この奥行きのある味わいは、今まで食べた炊き込みご飯のなかでも、間違いなくトップクラスの美味しさだ。



「軽く炙ったうなぎの骨とともにご飯を炊きました。
炊き上がったら、細かく刻んだうなぎの蒲焼きをのせて土鍋の蓋を閉じます。
すると、ご飯全体にうなぎの味と香りがくまなく行き渡るんです」(鈴木さん)


うなぎの炊き込みご飯は、もともと懐石コース(5400円~)の〆で出されていたもの。

これが、常連客からの要望でメニューに採り入れられたという。

お茶漬け用のだしと薬味、漬物が付くので、ひつまぶしと同様に味の変化が楽しめる。

豆たぬき
[住所]愛知県名古屋市中川区松葉町4-30-1
[TEL]052-352-8825
[営業時間]11時半~14時、18時~21時(22時L.O.)※夜は予約制
[定休日]水曜










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
名古屋・柳橋の近くにある『銀座あしべ』は、愛知県・知多半島産の魚介をふんだんに使った寿司と、40日間熟成させた鹿児島県産の北さつま牛の熟成肉が看板メニュー。 これまでは夜のみの営業だったが、4月からランチ営業(11時~14時)とテイクアウトをスタートさせた。いずれも高級店の味がお値打ちに楽しめるとあって、好評を博している。
JR名古屋駅構内でモーニングや味噌カツ、鉄板ナポリタン、あんかけスパなどの名古屋めしを楽しめるのが、名古屋うまいもん通り広小路口にある『なごめしカフェ トラッツィオーネ ナゴヤ』だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止でGW中も閉店していたが、5月14日(木)より併設する『ぴよりんshop』のテイクアウト営業が再開した。
名古屋・今池に24時間営業の居酒屋チェーンの本店がある。その名も『やぶ屋 今池本店』。 名古屋人にとってはなじみ深すぎて、街にあるのが当たり前の居酒屋なのだが、実は定番の名古屋めしから創作系まで実に幅広いメニューがテイクアウトでき、しかもその再現率120%の逸品ぞろいなのだ!
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
188views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt