MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)の画像をチェック! navigate_next

『豆たぬき』の、お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」


うなぎ料理、と聞いて何を想像するだろうか?

うな丼やうな重? 

それとも、ひつまぶし?


名古屋臨海高速鉄道あおなみ線小本駅の近くにある和食店『豆たぬき』。

冬はふぐが、夏はうなぎがリーズナブルに楽しめる穴場店である。


「うな丼」は1980円~、「ひつまぶし」は2280円~と、まるでひと昔前の値段。

毎年のように値上げが続くなかで、なぜ、そこまで安くできるのか。


「うなぎは丼や重箱に丸ごと1本がちょうどのるくらいのサイズが人気なんです。
私が仕入れているのは、それよりも大きい、いわば規格外のうなぎ。
市場ではあまり売れないから、割安で仕入れることができるんです」と、店主の鈴木貴志さん。


大ぶりなうなぎは、身も皮もかたくて、脂が多くてしつこいというネガティブなイメージがある。

しかし、鈴木さんはこれまで培った和食の技術で大サイズのうなぎの弱点をカバーしている。


「まず、うなぎをさばいたら、一晩寝かせます。
翌日、白焼きにするのですが、たれを塗って焼き上げる前にアルミホイルに包んで約30分蒸すんです。
すると、余分な脂が落ちて、身もやわらかくなるんです」


これは「ひつまぶし(特上)」(3900円)。

実際に食べてみると、身はやわらかくて皮はパリッとしている。

肉厚なので、しっかりとうなぎを食べた気分になる。

それにしても……「関東風うなぎ」のように蒸しているとは思えない。


「蒸し器で蒸しているわけではありませんから。
アルミホイルに包んで30分、というのがポイントなんです。
いわば、関東風と関西風のハイブリッドですね」(鈴木さん)


さて、今回はここからが本題。

『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。

それが「うなぎの炊き込みご飯」(2700円)だ。


なにはともあれ、まずは食べてみよう。


うわぁっ! 

土鍋の蓋を開けると、食欲をそそられる香りが、湯気とともに立ち上る。

しゃもじで茶碗によそってひと口……。

うっ、旨いっ! 

お米の一粒一粒にだしがしっかりと染み込んでいる! 

この奥行きのある味わいは、今まで食べた炊き込みご飯のなかでも、間違いなくトップクラスの美味しさだ。



「軽く炙ったうなぎの骨とともにご飯を炊きました。
炊き上がったら、細かく刻んだうなぎの蒲焼きをのせて土鍋の蓋を閉じます。
すると、ご飯全体にうなぎの味と香りがくまなく行き渡るんです」(鈴木さん)


うなぎの炊き込みご飯は、もともと懐石コース(5400円~)の〆で出されていたもの。

これが、常連客からの要望でメニューに採り入れられたという。

お茶漬け用のだしと薬味、漬物が付くので、ひつまぶしと同様に味の変化が楽しめる。

豆たぬき
[住所]愛知県名古屋市中川区松葉町4-30-1
[TEL]052-352-8825
[営業時間]11時半~14時、18時~21時(22時L.O.)※夜は予約制
[定休日]水曜










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル