MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東光飯店 本店(中華料理/横浜)|餡掛けチャーハンが有名な中華料理店♪

東光飯店 本店(中華料理/横浜)|餡掛けチャーハンが有名な中華料理店♪

やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。

perm_media 《画像ギャラリー》東光飯店 本店(中華料理/横浜)|餡掛けチャーハンが有名な中華料理店♪の画像をチェック! navigate_next

東光飯店 本店(最寄駅:元町・中華街駅)

中華街ならココへごろごろ具沢山の欲ばりセット

そして必ず頼んでしまうのが、焼き餃子とあんかけチャーハンである。多めの油で両面を揚げるように焼きあげた餃子は、サクッ、ジュワッ。そんな音さえ聞こえてきそうな魅惑のビジュアル。ぎっしりと詰まった肉多めの餡には、大きなエビも入り食べ応え満点だ。そして店名を冠した名物チャーハンの登場。卵チャーハンをたっぷりと覆うあんは、エビ、ホタテ、鶏肉、ニンニクの芽、セロリなど具材の大洪水! 両者の様々な食感と味わいが、口の中で踊り回る体験をぜひ。

焼き餃子、東光チャーハン
700円、1000円

具材はサッと油通し。エビやホタテはぷりぷり、野菜はしゃっきり。鶏豚ガラの上湯スープで作るトロみあんと調和

牛バラ煮込みチーズ炙り(レギュラー)
2200円

トマトや八角と煮込んだ牛バラ肉にチーズをたっぷりと。マントウ(蒸しパン)付き。酒を呼ぶ味わい

お店からの一言

店主 林 我国さん(右)、優子さん、同誠さん、同章さん

「チャーハンや餃子だけでも気軽に食べに来て!」

東光飯店 本店の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町202 [TEL]045-681-4617 [営業時間]11時~21時45分(21時15分LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]全120席/17時~喫煙可/予約可/カード不可/サ、お通し代なし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅1番出口から徒歩5分


電話番号 045-681-4617

撮影/小澤晶子 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル