MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
手打うどん いわしや(うどん/青山一丁目)|関西のうどん好きを唸らせた店が青山にオープン!打ちたて!茹でたて!至極の一杯♪

手打うどん いわしや(うどん/青山一丁目)|関西のうどん好きを唸らせた店が青山にオープン!打ちたて!茹でたて!至極の一杯♪

兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。

手打うどん いわしや(最寄駅:青山一丁目駅)

ダシにホッ、麺におっ!イリコが利いたダシとガッシリ剛麺にハマる

『いわしや』のうどんは、極太かつ噛むとガシッとした歯応えでコシの強い“剛麺”が特長。環境次第ではその仕上がりに差が出るところだが、店内に熟成庫を作り、水も硬水器を導入。本店と同じ環境を実現させた。
 ダシはイリコやメジカ、サバ、ウルメなどの魚節に、コンブ、カツオ。それに薄口醤油などで作るツユを合わせたうどんは、“剛”を楽しむなら「ひやかけ」がおすすめ。もう少し柔らかい方が好みなら、ツユもうどんも温かい「あつかけ」、または冷たいツユに温かいうどんで食べる「ひやあつ」でどうぞ。完成まで10分弱、その先に極上の一杯が待っている。

ひやかけ
530円

『いわしや』の真骨頂・剛麺を楽しむなら、コレ。冷たいツユと冷水で締めたうどんが楽しめる。器からはイリコの香りがふわ~っと漂い、ひと口飲めばガツンと香味が広がる。ガッシリとコシのあるうどんは、噛む度に小麦の味わいを堪能できる

肉ぶっかけ
880円

本店よりも同店で人気のメニュー。甘く炊いた牛肉と豆苗がどっさりのり、食べ応え抜群。ツユは濃い口醤油をベースに、ザラメ、みりん、お酒をブレンド。肉とツユの相乗効果で甘みのある一杯に仕上がっている。冷でも温でもOK

天ぷら 奥から春菊、ごぼう、紅ショウガ、おもち
180円、150円、各130円

全部で14種類を用意する天ぷらは、揚げたてを提供。棚から好みのものを選べる。苦みがクセになる春菊、斜め切りで食感のしっかりしたごぼう、関西では定番の紅しょうがは串に刺して。珍しいもちもある。棚にないものも注文すればいつでも揚げてくれる

手打うどん いわしやの店舗情報

[住所]東京都港区北青山1-
2-3 青山ビルヂング地下1階 [TEL]03-6812-9822 [休日]日・祝 [営業時間]11時~20時、土11時~17時(売り切れ次第終了)※ランチタイム有 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか青山一丁目駅直結


電話番号 03-6812-9822

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!
 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt