MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋グルメ_ミシュラン1つ星のフレンチ姉妹店が豊田市美術館にオープン!/名古屋エリア限定情報(82)

名古屋グルメ_ミシュラン1つ星のフレンチ姉妹店が豊田市美術館にオープン!/名古屋エリア限定情報(82)

美術館で絵画や彫刻など芸術作品を鑑賞した後は、美味しいものを食べると、より豊かな気持ちになれるというもの。今年6月、リニューアルオープンした愛知県豊田市の豊田市美術館で新たにオープンしたのは、フランス語で「美術館」という意味の『味遊是(ル・ミュゼ)』。 実はここ、名古屋・新栄にあるミシュラン1つ星のフレンチレストラン『壺中天』の姉妹店なのだ……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋グルメ_ミシュラン1つ星のフレンチ姉妹店が豊田市美術館にオープン!/名古屋エリア限定情報(82)の画像をチェック! navigate_next

ミシュラン1つ星のフレンチ姉妹店が豊田市美術館にオープン!


美術館で絵画や彫刻など芸術作品を鑑賞した後は、美味しいものを食べると、より豊かな気持ちになれるというもの。

今年6月、愛知県豊田市の豊田市美術館がリニューアルオープンし、館内のレストランも一新。


新たにオープンしたのは、フランス語で「美術館」という意味の『味遊是(ル・ミュゼ)』。

実はここ、名古屋・新栄にあるミシュラン1つ星のフレンチレストラン『壺中天』の姉妹店。

高級フレンチの味が気軽に楽しめるとあって、注目を集めている。


「このロケーションや雰囲気、たたずまいを見て、ここならいい仕事ができると思って出店を決めました」と、『壺中天』のオーナーシェフ、上井克輔さん。


美術館ゆえに昼のみの営業になるため、フードはカレーライスやサンドイッチなどの軽食にして、パフェやケーキなどのスイーツをメインに考えていたという。

ところが、
「関係者を招いての試食会で食事を求められていることがわかったんです。
ただ、公共施設なので価格は抑えなくてはなりません。1000円台でお客様にどれだけ満足いただけるか。
これは料理人としての挑戦でもありました」(上井さん)とのこと。


コース仕立てのメニューは、1800円(税別)と2800円(税別)の2種類を用意。

1800円のコースは、メインに肉料理か魚料理を選ぶことができる。

2800円のコースは、ローストビーフやステーキがメインになる。

それぞれ、前菜とパン、ミニデザート、ドリンク(コーヒーまたは紅茶)が付く。

※2019年10月15日(火)以降は、コースの価格が1500円(税別)と2500円(税別)に。
プラス300円でミニデザートとドリンクを付けることができる。


1800円のコースで出される肉料理の一例。

「牛スネ肉の煮込み、プロヴァンス風」。

牛スネ肉を玉ねぎや人参、タイム、クミンとともに白ワインでじっくり煮込んだシンプルな料理だ。


日本でいうところの、肉じゃがのような素朴な味わい。


こちらは、同コースの魚料理の一例。

ヒラメに魚のムースを詰めて蒸した「ヒラメのヴァプール キノコのクリームソース」。

香り高いキノコのクリームソースもさることながら、スパイスとニンニクを混ぜて煎った香ばしいパン粉がアクセント。


2800円のコースのメイン、「US産サーロインのローストビーフ」。

フォンドヴォーと赤ワインを使ったグレービーソースの上からアクセントに西洋ワサビのソースがかかっている。

粉ワサビを混ぜ込んで、辛味と爽やかさを感じるソースに仕上がっている。


高級食材を使うことはできないが、上井さんが厳選したものを使用しているのは言うまでもない。

また、『壺中天』で使用している肉や魚介の端材でスープのだしをとったり、ソースを作ったりしているので、味のベースは『壺中天』そのものなのである。



味遊是(ル・ミュゼ)
[住所]愛知県豊田市小坂本町8-5-1 豊田市美術館内
[TEL]0565-32-3332
[営業時間]10時~17時半(17時L.O.)
[定休日]美術館休館日

豊田市美術館で芸術を堪能した後にここへ訪れて食事をするのがベターだが、美術館には入館しなくても利用することができる。








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
えびせんべい「ゆかり」でおなじみの老舗『坂角総本舖』が、名古屋・栄の商業施設『ラシック』でイベントを実施。エビをふんだんに使ったカレーやパン、プリンが食べられます。そんなエビグルメを実食レポート!!
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
毎日ごはんを作るのがダルい、なんとかして手間なくおいしいものを食べられないか……そんな悩みに答えてくれるのがレシピ本。料理苦手&嫌いのライターが、今人気の料理コラムニスト・山本ゆりさんのレシピ本を使って実際に調理。悩みを解消できるか試してみました。
国民食として長く愛されている「カレーライス」。ここ数年は「スパイスカレー」が台頭し、ますます多様化。そんなカレーの最新店から初登場の老舗までご紹介。さらには、「キーマカレー」に、専門店以外のカレーも登場。スパイスの香りに誘われるが如く、ご覧ください。ほか、最旬インド&ネパール料理に、おとなのコーヒー特集もあります!
厳選された素材と丁寧な焙煎から生まれる健康茶は、お取り寄せも充実。クセがあり飲みにくい? いえ、大丈夫。スタッフが実際に試し、美味しかったものだけをご紹介します
get_app
ダウンロードする
キャンセル