MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(111)

吉祥寺グルメ情報_オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(111)

おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(111) の画像をチェック! navigate_next

オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件


おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2018年は、6月中旬にドイツ料理屋で沖縄名物のタコライスを食べてしまい、本道を外したまま夏を終えてしまいました……(連載59回参照)。

そして2019年のオレの夏は早かった……。

6月中旬に来ました……。

さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。


まず地元民の間で、たいして話題になっていなかった(偉そうですまん)、キラリナの大改装&店入れ替えが、4月にありました。

私はさして興味がないのでスルーしていた。

しかし、なにげなくキラリナのチラシを手にしたら、そこにはタコライス風コッペパンが! 

タコライス! 

タコライスって……。

パンだろ? 

おい!


イラスト/小豆だるま


コッペパンといえば、2018年に吉祥寺のブームだったのですが(39回参照)、このタイミングで名古屋系有名喫茶店チェーン『K珈琲』が、『やわからSコッペ』というコッペパンのお店をオープンしていたのです。

そこに沖縄名物“タコライス”コッペパン……。

すかさず買いました。

おかずコッペというカテゴリーで、値段もちょっと高いです。

390円(税込)! 

店名が雄弁に語っていますが、この店は柔らかくて、白いもちもちのコッペパンがウリなのですが、そこにはタコライスが挟んである。

しかし、ライスはない……。

ライスは挟んでないわよ、みなさん! 

雑に言うとタコスの中身が挟んであるコッペパンなんだよ。

どうなんだよ? これ? 

でも美味しかった……。

実は、私はタコスも好きなんです……。

でもライスがないタコライスなんて、認められん! 

と思いましたが、ガツガツと食べてしまいました……。

そんな感じで、6月中旬にオレの夏を到来させてしまいました……。

ここのコッペパンですけど、正直やり過ぎです。

和コッペ、洋コッペは、まあ定番っぽいんですけど、おかずコッペがヤバイ。

タコライスを筆頭として、ガパオ(鶏肉のバジル炒め)とか、みそかつ棒、タルタルチキン南蛮、霧島黒豚焼肉などなど。


ちょっと後戻りできない感じのラインナップになっております。


冗談みたいなタコライスで夏を始めてしまったので、2019年はそれを完遂することにしました。

そこでライスのあるタコライスを食べるべく、西荻方面の高架下にある『H』にGO! 

正直、絵本の中みたい……っていうかメルヘンっていうか、ドリーミーな空間です。

女子しかいません&インスタ映えです。

私はそのような趣味は一切ないので、スルーしてきた店ですが、実はここに、“八本足のタコ”が乗っているタコライスがあるんです……。

なんとひき肉の代わりにタコが入っているタコミートなんですよ! 

店内はドリーミーだが、メニューはふざけています(超ホメています)。

そこで本物の“タコ”ライスを食べました。

美味しかったです。

野菜が多めでヘルシーだ。

吉祥寺のドリーミー、侮れん! 


でも吉祥寺には、ハモニカ横丁に、タコライス専門店もあるんですよ……(去年も書いた気がする)。

今年は冗談みたいな夏でした。


以上。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード
関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル